サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

目次

  • はじめに
  • 第1章 アラミルクガホシイノネ−単語の発見
    • 1 お母さんのおなかの中ではじまる言語の学習
    • “she”と“see”−言語によって違う音の単位/“race”と“lace”が聞き分けられないわけ−カテゴリー知覚/いつごろ音素のカテゴリーができるのか
    • 2 人の声から単語を見つける
    • リズムとイントネーションを使う/「チガガ出た」−単語と機能語の区別に気づく/単語をつくる音のパターンを分析する
    • コラム(1) 赤ちゃんの持つ知識をどのように知ることができるのか
  • 第2章 ヘレン・ケラーのwater事件−ことばの世界の扉を開ける
    • 1 ことばの洞察
    • ヘレン・ケラーの話/チンパンジーの研究から
    • 2 赤ちゃんの「思い込み」
    • 単語の意味を教えられるのか?/湯船に落ちた時だけアヒル?−状況とモノを切り離す/グレープフルーツもクロワッサンも「おつきさま」−ことばの意味の範囲/固有名詞か普通名詞か/二歳児の考える「ネケ」の意味
    • 3 ことばの仕組みを発見する
    • 子どもにとって「似ている」モノ/「イヌと犬小屋」には同じ名前がつかない/形がないものは別/固有名詞はあとまわし/ことばの仕組みを発見する
    • コラム(2) 心の中にあることばの辞書
  • 第3章 歯で唇をフム−動詞の意味の推測
    • 1 動きにも名前がある−動詞と名詞の違いに気づく
    • 「チモッテル」は動作のことば?/ことばの形が名詞と動詞で同じだったら
    • 2 「アゲル」「モラウ」「クレル」−動詞の意味の複雑さ
    • 「アゲル」「モラウ」「クレル」/「ウサギをチモル」と「ウサギがチモル」/助詞で見極める/目的語が省略されると…
    • 3 「足でナゲル」−動詞の意味を一般化する時の問題
    • 「ナゲル」と「ケル」/オノマトペって実はすごい
  • 第4章 血圧がヤスイ−モノの性質、色、位置関係の名前の学習
    • 1 モノの性質の名前
    • どの性質を指すのか見極める/比較の基準が相対的/くっつく名詞によって変化する/多種多様な反対語/発達段階に即してみると
    • 2 色の名前
    • 「アオい」かばんと「ムラサキの」かばん−色の名前の品詞/色の名前のつけ方は言語によって千差万別/色の地図を自分でつくる
    • 3 位置関係の名前
    • クマの像の前はどっち−何を基準にした「前」か/「前」という語が持つ二つの視点システム/「前」「後」「左」「右」の意味の学習/「前後左右」と「東西南北」
    • 4 まとめ−全体像がわからないと、単語の意味は学べない
  • 第5章 ことばの発達の謎を解く−発見、創造、修正
    • 1 ことばの発達のジレンマ
    • ことばの意味を「知る」とは/語彙という「意味のシステム」
    • 2 発見
    • システムの存在を発見する/ことばを創るためのパーツを発見する/システムの中の「似ている」を発見する
    • 3 創造
    • ことばを創る/学習した知識を創造的に使う/コンピュータにできないこと
    • 4 修正
    • 大人の言い方に合わせる/もうボールとは言えない/「修正」しながら単語の意味を深化させる/発見、創造、修正を繰り返す人間
    • 5 システムが先にできていたら−外国語の学習
    • コラム(3) 子どもは詩人か?
  • 第6章 言語が思考をつくる
    • 1 ことばによって新しい概念を理解する
    • 「愛」という概念の理解/抽象的なことばの意味をことばで理解する
    • 2 知識の体系をつくる
    • オカピの胃はいくつ?/ことばを頼りに「同じ種類」を決める
    • 3 ことばが新たな概念を生む
    • 数の概念/数のことばがなかったら
    • 4 ことばの学習が科学的思考の基礎となる
    • ことばは一貫した基準でカテゴリーをつくる/ことばがつくる「同じ」という概念/科学的発見と「関係のアナロジー」
  • 終章 読者のみなさんへのメッセージ
  • 参考にした本、読者におすすめしたい本、論文など