サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

日本中世の社会と寺社

日本中世の社会と寺社

  • 細川 涼一(著)
  • 序論
  • 第一章 黒田俊雄『日本中世の国家と宗教』
    • 一 黒田俊雄『日本中世の図家と宗教』と今谷明氏による権門体制論批判
    • 二 平泉澄『中世に於ける社寺と社会との関係』におけるアジール研究
    • 三 網野善彦『無縁・公界・楽』『異形の王権』における平泉澄の倒立
    • 四 黒田俊雄の権門体制論・顕密体制論
  • 第二章 網野善彦『中世東寺と東寺領荘園』
    • 一 『中世東寺と東寺領荘園』
    • 二 原始・未開の自由としての「無縁の原理」論をめぐって
    • 三 『異形の王権』における「聖なるもの」論とナチュラリズムへの傾斜
  • 第Ⅰ部 中世律宗と公武政権
  • 第三章 中世律宗と国家
    • はじめに
    • 一 蒙古襲来と律僧の国家・国土意識
    • 二 凝然の八宗意識
    • 三 王朝権力と律僧
  • 第四章 中世における戦争と平和
    • はじめに
    • 一 蒙古襲来と叡尊
    • 二 叡尊の宇治橋再興と八幡信仰
    • 三 南北朝内乱と楠木正儀の「平和」
  • 第五章 叡尊の鎌倉下向と鎌倉幕府の女性
    • はじめに
    • 一 叡尊の鎌倉下向と亀谷禅尼
    • 二 『関東往還記』に見出せる鎌倉幕府関係の女性
    • 三 北条政村一族の女性
    • 四 将軍宗尊親王の女房
    • おわりに
  • 第六章 三条大宮長福寺尊鏡と唐招提寺慶円
    • はじめに
    • 一 正中の変・元弘の乱と智篋房尊鏡
    • 二 三条大宮長福寺尊鏡
    • 三 唐招提寺中興第十世長老寂禅房慶円
    • 四 『太平記』の天狗説話と律僧
    • おわりに
  • 第Ⅱ部 中世社会と律僧
  • 第七章 忍性の生涯
    • はじめに
    • 一 忍性の出家と南都における活動
    • 二 関東下向と常陸の忍性
    • 三 鎌倉進出
    • 四 極楽寺の忍性
  • 第八章 覚如と定舜
    • はじめに
    • 一 覚如・定舜の入宋
    • 二 鎌倉新清凉寺釈迦堂長老覚如
    • 三 三村寺住侶定舜
    • おわりに
  • 第九章 西琳寺惣持と尼
    • はじめに
    • 一 西琳寺惣持の生涯
    • 二 惣持と尼衆
    • 三 『西大寺田園目録』と尼
    • おわりに
  • 第十章 唐招提寺釈迦如来像像内納入文書と女性・虫・非人
    • はじめに
    • 一 唐招提寺の釈迦念仏会
    • 二 礼堂釈迦如来像と像内納入文書
    • 三 像内納入文書の女性名
    • 四 虫類の交名
    • 五 北山宿非人の交名
  • 付論1 幕末の女性とペットとしての狆
    • はじめに
    • 一 会津戊辰戦争の照姫と狆
    • 二 成島柳北『柳橋新誌』の柳橋の芸者と狆
  • 第Ⅲ部 中世の北野社と石清水八幡宮
  • 第十一章 中世の北野社と宮仕沙汰承仕家
    • はじめに
    • 一 宮仕沙汰承仕家の成立
    • 二 室町時代の宮仕・沙汰承仕の補任文書
    • 三 宮仕職と沙汰承仕職
    • 四 江戸時代の補任状
  • 第十二章 『北野天神縁起』と鎌倉時代の北野社
    • はじめに
    • 一 『北野天神縁起』と大座神人
    • 二 北野社宮仕・沙汰承仕について
    • 三 沙汰承仕と短冊
    • おわりに
  • 第十三章 西京散所と北野社
    • はじめに
    • 一 散所の研究史
    • 二 西京散所の職掌
    • 三 西京散所者の新三郎
    • 四 『沙汰承仕能勝日記』の西京散所
  • 第十四章 石清水八幡宮の柳禅尼如鏡と叡尊
    • はじめに
    • 一 叡尊と柳禅尼如鏡
    • 二 後嵯峨院の評定における如鏡の相論
    • おわりに
  • 第Ⅳ部 源義経の妻と母
  • 第十五章 河越重頼の娘
    • はじめに
    • 一 河越重頼の娘と父河越重頼
    • 二 母・比企尼の娘と祖母・比企尼
    • 三 河越重頼の娘と源義経の婚姻
    • 四 平時忠の娘
    • 五 河越重頼・重房父子の没落
    • 六 義経と河越重頼の娘の逃避行、常盤の庇護と娘の誕生
    • おわりに
  • 第十六章 常盤
    • はじめに
    • 一 平治の乱と常盤
    • 二 「美女」常盤
    • 三 丹後局高階栄子
    • 四 常盤と清水寺の観音利生譚
    • 五 常盤をめぐる「節操」論
    • 六 義経の逃避行と常盤
  • 付論2 白拍子の実相
    • 一 酒井嘉七「京鹿子娘道成寺」
    • 二 白拍子の遍歴
    • 三 女系による芸の伝承
    • 四 白拍子の女子
    • 五 白拍子と女人禁制
    • 六 白拍子の立身と没落