サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

目次

  • 第Ⅰ章 資料保存の意義
    • 第1節 人文系博物館設立の意義
    • 第2節 資料保存の目的と意義
    • 第3節 資料保存史
  • 第Ⅱ章 資料の劣化・損壊の原因
    • 第1節 経年による劣化・損壊
    • 第2節 虫害
    • 第3節 火災
    • 第4節 自然災害
  • 第Ⅲ章 日本文化としての資料保存意識
    • 第1節 古典に観る虫害と防除対策
    • 第2節 煙と日本人
    • 第3節 土蔵・桐箱・曝涼等にみる日本の伝統的保存方法
    • 第4節 博物館収蔵庫の必要要件
  • 第Ⅳ章 防除対策
    • 第1節 エキボンによる燻蒸法の確立と消長
    • 第2節 生物被害とIPM
  • 第Ⅴ章 博物館における保存科学の役割
    • 第1節 保存科学の目的
    • 第2節 保存科学の歴史
    • 第3節 保存科学の技術と理念
    • 第4節 ファシリティ・レポート、美術品補償制度
    • 第5節 文化財公開施設の計画に関する指針
    • 第6節 博物館資料の広がりと保存科学
  • 第Ⅵ章 劣化・損壊資料の修理・復元
    • 第1節 修理・復元史
    • 第2節 修理の目的と三原則
    • 第3節 土器・陶磁器の修理・復元
    • 第4節 紙資料保存の理論
    • 第5節 レプリカ製作の目的と意義
    • 第6節 レプリカによる資料の保存と活用
  • 第Ⅶ章 資料の取り扱いと収納
    • 第1節 資料、作品を取り扱うときの基本的な注意と準備
    • 第2節 資料、作品の収納箱の扱い方
    • 第3節 収納箱からの作品の出し方と紐と仕覆の紐の結び方
    • 第4節 工芸品の分野ごとの取り扱い方
    • 第5節 借用、貸出と梱包