サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

目次

有機化学の基礎

有機化学の基礎

  • 望月 正隆(著)/ 稲見 圭子(著)
  • 第1章 有機化学とは何か−有機化学の歴史
    • 1・1 有機化学とその始まり
    • 1・2 物質と分子
    • 1・3 化学結合と構造
    • 1・4 異性体
    • 章末問題
  • 第2章 結合とエネルギー
    • 2・1 結合における電子の役割
    • 2・2 結合と軌道
    • 2・3 化学結合の極性
    • 2・4 酸と塩基
    • 2・5 共鳴
    • 2・6 置換基の効果−電子効果
    • 章末問題
  • 第3章 有機化合物の名称・構造と性質
    • 3・1 炭化水素
    • 3・2 アルケン
    • 3・3 アルキン
    • 3・4 芳香族炭化水素
    • 3・5 ハロゲン化炭化水素
    • 3・6 アルコールとフェノール,エーテル
    • 3・7 アミン
    • 3・8 アルデヒドとケトン
    • 3・9 カルボン酸とその誘導体
    • 3・10 複雑な化合物の命名
    • 3・11 複素環式化合物
    • 章末問題
  • 第4章 立体化学
    • 4・1 立体構造
    • 4・2 キラリティーと鏡像異性体
    • 4・3 その他のジアステレオマー
    • 4・4 単結合の周りの回転による異性体
    • 章末問題
  • 第5章 有機化合物の反応概論
    • 5・1 反応の種類と電子の動き
    • 5・2 反応機構と反応速度論
    • 5・3 エネルギー断面と反応の自由エネルギー変化
    • 5・4 反応の概説
    • 章末問題
  • 第6章 求核置換反応
    • 6・1 求核置換反応
    • 6・2 反応機構
    • 6・3 SN1反応とSN2反応の特徴
    • 6・4 求核試薬と脱離基
    • 6・5 求核置換の立体化学
    • 6・6 求核性の反応への効果
    • 6・7 脱離能の反応への効果
    • 6・8 基質構造の反応への効果
    • 6・9 溶媒の反応への効果
    • 6・10 求核置換反応のまとめ
    • 6・11 各種の求核置換反応
    • 章末問題
  • 第7章 脱離反応
    • 7・1 脱離反応
    • 7・2 脱離反応の機構
    • 7・3 脱離と置換の競争
    • 7・4 転位を伴う置換と脱離
    • 7・5 脱離の方向
    • 7・6 脱離の立体化学
    • 7・7 アルケンとアルキンの生成
    • 7・8 脱離反応のまとめ
    • 章末問題
  • 第8章 付加反応
    • 8・1 求電子付加反応の機構
    • 8・2 基質の構造の効果
    • 8・3 反応の方向と立体化学
    • 8・4 アルケンのヒドロキシ化
    • 8・5 共役二重結合への付加
    • 8・6 アルキンへの付加
    • 8・7 水素化
    • 章末問題
  • 第9章 カルボニル化合物の求核付加反応
    • 9・1 カルボニル化合物の求核付加
    • 9・2 カルボニル化合物の反応性とシアノヒドリン反応
    • 9・3 アルデヒドと亜硫酸水素塩との付加物
    • 9・4 水和物の生成
    • 9・5 ヘミアセタールとアセタールの生成
    • 9・6 チオアセタール
    • 9・7 シッフ塩基の生成
    • 9・8 水素化反応
    • 9・9 有機金属化合物との反応
    • 9・10 カルボニル化合物を用いたアルコールの合成
    • 章末問題
  • 第10章 カルボン酸とその誘導体
    • 10・1 カルボン酸
    • 10・2 カルボン酸誘導体の求核置換反応
    • 10・3 エステル
    • 10・4 アミドの生成と反応
    • 10・5 ニトリル
    • 10・6 酸ハロゲン化物,酸無水物の生成と反応
    • 10・7 カルボン酸誘導体の還元
    • 10・8 有機金属化合物との反応
    • 10・9 硫酸とリン酸の誘導体
    • 章末問題
  • 第11章 カルボニル基α位の反応
    • 11・1 エノールとエノラートアニオン
    • 11・2 ケト−エノール互変異性
    • 11・3 α位のハロゲン化
    • 11・4 エノラートのアルキル化
    • 11・5 アルドール反応
    • 11・6 求核試薬の共役付加
    • 11・7 アルドール反応の合成への応用
    • 11・8 クライゼン縮合反応
    • 11・9 β−ジカルボニル化合物のフラグメント化反応
    • 11・10 活性メチレンのアルキル化
    • 11・11 エナミンの生成と分解
    • 11・12 ウィッティッヒ反応
    • 11・13 合成化学への利用
    • 章末問題
  • 第12章 芳香族化合物の反応
    • 12・1 芳香族求電子置換反応の付加−脱離機構
    • 12・2 置換ベンゼン化合物の求電子置換反応における反応性
    • 12・3 置換ベンゼン化合物の求電子置換反応における配向性
    • 12・4 多置換ベンゼン化合物の配向性
    • 12・5 各種の芳香族求電子置換反応−ヘテロ原子求電子試薬による置換
    • 12・6 炭素求電子試薬による置換−フリーデル・クラフツ反応
    • 12・7 芳香族化合物の求核置換反応
    • 12・8 ナフタレンの反応
    • 章末問題
  • 第13章 複素環芳香族化合物の反応
    • 13・1 ピロール,フラン,チオフェンの反応
    • 13・2 ピリジンの反応
    • 13・3 インドールの反応
    • 13・4 キノリンとイソキノリンの反応
    • 章末問題
  • 第14章 ラジカル反応
    • 14・1 アルカンのラジカル置換
    • 14・2 反応熱の計算とラジカル連鎖反応の方向
    • 14・3 アルカンのラジカル置換反応とラジカルの安定性
    • 14・4 臭化水素の逆マルコウニコフ付加
    • 章末問題
  • 第15章 酸化と還元
    • 15・1 酸化と還元
    • 15・2 酸化反応
    • 15・3 還元反応
    • 章末問題
  • 第16章 転位反応
    • 16・1 転位反応
    • 16・2 ジアゾケトンからの転位
    • 16・3 電子欠乏窒素への転位
    • 16・4 電子欠乏酸素への転位
    • 16・5 ホウ素経由の転位
    • 16・6 ラジカル転位
    • 16・7 アニオン転位
    • 章末問題
  • 第17章 ペリ環状反応
    • 17・1 共役π系の分子軌道
    • 17・2 電子環状反応
    • 17・3 付加環化反応
    • 17・4 シグマトロピー転位
    • 17・5 ペリ環状反応のまとめ
    • 章末問題