サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

  • 序章 『論語義疏』研究の目的と本書の構成
    • 一 皇侃について
    • 二 『論語義疏』に潜む問題
    • 三 『論語義疏』のテキスト
    • 四 本書の構成
  • 第一章 旧抄本『論語義疏』の研究
    • (一)『論語義疏』の日本伝来とその時期
    • まえがき
    • 一 書目と読書記録に見える『論語義疏』
    • 二 典籍の引文に見える『論語義疏』
    • 三 日本に伝来した『論語義疏』のテキスト
    • まとめ
    • (二)旧抄本『論語義疏』成書過程の解明
    • まえがき
    • 一 旧抄本『論語義疏』に書き入れられている邢【ヘイ】『論語正義』の検討
    • 二 『論語正義』書き入れの意図
    • 三 『論語正義』書き入れにかかわる『経籍訪古志』、島田、武内説批判
    • 四 藤原頼長『台記』に見える『論語義疏』と『論語正義』
    • 五 『論語正義』書き入れの時期
    • まとめ
    • (三)『論語総略』と『論語義疏』
    • まえがき
    • 一 『論語総略』の構成
    • 二 「大綱」について
    • 三 「題名」について
    • 四 「本之同異」について
    • 五 「二十篇目録并篇次大意」について
    • まとめ
  • 第二章 敦煌本『論語疏』の研究
    • (一)敦煌本『論語疏』経文の検討
    • 二 敦煌本『論語疏』と旧抄本『論語義疏』の疏について
    • 三 「通釈」をめぐって
    • 四 「提示句」をめぐって
    • 五 旧抄本『論語義疏』の疏に見える問題
    • 六 旧抄本『論語義疏』に見える「訓詁疏」
    • 七 敦煌本『論語疏』の「提示句」に見える「仰…」について
    • まとめ
  • 第四章 『経典釈文』「論語音義」と『論語義疏』
    • まえがき
    • 一 「論語音義」に見える『論語義疏』と『論語義疏』改竄説
    • 二 「論語音義」所引『論語義疏』
    • 三 訓詁・字句異同にかかわる「論語音義」の検討
    • 四 分章にかかわる「論語音義」の検討
    • まとめ
  • 附論
  • 附論一 呉騫『皇氏論語義疏参訂』十巻初探
    • まえがき
    • 一 『皇氏論語義疏参訂』十巻のテキスト、修訂、欄外按語について
    • 二 『皇氏論語義疏参訂』欄外按語の筆者について
    • 三 倉石本『皇氏論語義疏参訂』修訂札記
    • 四 『皇氏論語義疏参訂』校勘記
  • 附論二 『論語義疏』の二種の校本、『根本校正本』と『武内校本』をめぐって
    • 一 『論語義疏』のテキスト
    • 二 根本遜志による『論語義疏』校訂
    • 三 『武内校本』に潜む問題
    • まとめ
  • 附論三 日本における『論語義疏』の受容
    • 一 日本への伝来時期
    • 二 『論語義疏』を改編する目的
    • まとめ
  • 附論四 『論語』「学而」篇「有朋自遠方來、不亦樂乎」をめぐって
    • 一 「有朋」は「友朋」か「朋友」か
    • 二 三種の異文をめぐる議論
    • 三 『論語義疏』は「朋友」か
  • 附論五 『論語義疏』研究の道筋
    • はじめに
    • 一 『論語』とその注釈
    • 二 日本に残る『論語義疏』
    • 三 『論語義疏』に見える『論語正義』の書き入れ
    • 四 『論語正義』書き入れの意図
    • 五 残された課題