サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

  • 序章
  • 第Ⅰ章 文化批評としての「翻訳」
    • 1 多様性と越境のダイナミズム−翻訳論の現代的展開
    • 2 翻訳による植民化・脱植民化−共犯と批評の展開
    • 3 異質性がせめぎ合う「コンタクト・ゾーン」−翻訳の磁場
    • 4 時間軸と空間への介入−「普遍性」に対峙する文化「翻訳」
    • 5 翻訳者の立ち位置−翻訳の歴史の「読解」
  • 第Ⅱ章 再・読/記述としての「翻訳」
    • 1 再記述としての翻訳
    • 2 「再読」から「再翻訳」へ
    • 3 インターテクスチュアリティとしての翻訳−バベル神話の崩壊
    • 4 歴史の「再読」−ディコンストラクションと翻訳論
  • 第Ⅲ章 「他者」を語る言説
    • 1 ナラティヴ論の転回と「大きな物語」の解体
    • 2 歴史意識に協働する「記憶」
    • 3 「ホロコースト」と歴史の記憶−ポストモダニズムのナラティヴ
    • 4 ホロコースト言説への助走−「痕跡」の記憶
  • 第Ⅳ章 忘却への抵抗
    • 1 「ホロコースト文学」という言説
    • 2 ホロコースト「その後の生」と自伝−「不在」を語る言説
    • 3 表象の解体−「他者」へのまなざしが向かうところ
    • 4 「時間」への応答−「記憶」の主体
  • 第Ⅴ章 世界文学とは何か
    • 1 自身を語ること
    • 2 他者を語ること
    • 3 未来への記憶と翻訳
    • 4 世界という言説
  • 結び