サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第一部
  • Chapter 1 イントロダクション(Introduction)
    • 1.本研究の意義(Significance of the Study)
    • 2.本研究の目的(Purpose)
    • 3.本研究の用語の定義(Definition of Terms)
    • 4.パーソナル・ナラティブ(Personal Narrative)
    • 5.リサーチ・クエスチョン(Research Question)
    • 6.本著の構成(Overview of the Study)
  • Chapter 2 先行研究のレビュー(Literature Review)
    • 1.病気・障害のある子をもつ親の経験の主要な概念の歴史
    • 2.病気・障害のある子をもつ親のポジティブな経験の研究の出現
    • 3.病気・障害のある子をもつ親の経験の違い−日本とアメリカの場合−
    • 4.てんかんをもつ人とその家族の経験の研究
  • Chapter 3 研究方法(Methods and Procedures)
    • 1.調査協力者(Sample)
    • 2.調査の手順(Procedure)
    • 3.方法とデザイン(Method and Design)
    • 4.解析のプロセス(Analysis Procedure)
    • 5.データの妥当性(Validation)
    • 6.倫理的配慮(Ethical Consideration)
    • 7.本研究の限界(Limitation)
  • 第二部
  • Chapter 4 調査研究の結果(Results and Discussion)
    • 1.調査協力者(Participants)の概要
    • 2.本研究の解析プロセス
    • 3.親の経験から抽出されたカテゴリーとその意味
    • 4.日本とアメリカの親の異なるストーリー
  • Chapter 5 結論と考察(Conclusions and Recommendations)
    • 1.てんかんと発達障害をあわせもつ子の親の経験
    • 2.病気・障害のある子をもつ親のベスト・プラクティス
    • 3.ソーシャルワーク研究とヒューマン・サービス実践への示唆と提言
    • 4.将来の研究課題
    • 5.エピローグ

児童福祉 ランキング

児童福祉のランキングをご紹介します一覧を見る