サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

目次

  • 序章 イギリス綿業形成史研究の分析視角
    • 1 生産と消費の視点
    • 2 ランカシャー対アイルランドという問題
  • 第Ⅰ部 ランカシャー・リネン業の発展とアイルランド・リネン業
  • 第1章 イギリス綿業の形成過程
    • 1 「念願のキャラコ」はどのような織物であったか
    • 2 リネンとファスチアン
    • 3 大西洋地域へのリネン輸出
    • 4 アイルランド・リネン業との関係
    • 5 リネン業から綿業へ
    • 6 おわりに
  • 第2章 イギリス重商主義とアイルランド・リネン業
    • 1 イギリスによるアイルランド・リネン業育成策
    • 2 18世紀におけるリネン関連法
    • 3 ランカシャー・リネン業の成長とイギリス重商主義政策
    • 4 1771年輸出奨励金法の制定
    • 5 自由貿易の獲得
    • 6 麻糸関税論争
    • 7 おわりに
  • 第Ⅱ部 アイルランド・リネン業の発展の模索
  • 第3章 アイルランドにおけるドイツ製リネンの模倣の事例
    • 1 ランカシャーからアイルランドへ
    • 2 アイルランド製粗質リネンの由来
    • 3 史料の特徴
    • 4 ドロヘダとその後背地のリネン製造
    • 5 粗質リネン業奨励とその問題
  • 第4章 アイルランド製粗質リネンの輸出と粗製濫造問題
    • 1 植民地におけるオズナバーグ,ダウラスの消費形態
    • 2 アイルランド製模倣品の市場参入
    • 3 1764年法の制定の背景
    • 4 取引現場からの改革要求
    • 5 その後のアイルランド・リネン業をとりまく環境の変化
  • 第5章 18世紀アイルランドにおける麻糸生産
    • 1 アイルランド製麻糸の種類
    • 2 どこでどのような糸がつくられていたか
    • 3 糸のゆくえ
    • 4 紡織のアンバランス解消への試み
    • 5 紡糸地域における織布業定着の限界
  • 終章 織物業研究の新しい論点の探究へ