サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

目次

出会いの精神史 語りの原像

出会いの精神史 語りの原像

  • 鳥居 明雄(著)
  • 序 語りの視界−文芸論の根本と折口信夫−
  • Ⅰ 出会いの原像
    • 一 和文の成立−『土佐日記』−
    • 二 出会いの不能−『堤中納言物語』「花桜折る少将」−
  • Ⅱ 出会いと代償
    • 一 虚像と代受苦−『宇治拾遺物語』「尼地蔵を見奉る事」−
    • 二 死と生の記憶−『平家物語』巻第九「敦盛最期」、灌頂巻−
  • Ⅲ 出会いのエトス
    • 一 老女化石の能−「姨捨」−
    • 二 アジールとしての箱根−曾我物の能−
    • 三 構造と破れ−御伽草子「秋の夜の長物語」−
  • Ⅳ 出会いの解体
    • 一 在所と鎮魂−『冥途の飛脚』−
    • 二 負の祝祭−『女殺油地獄』−
    • 三 生誕と疎外−小泉八雲「雪おんな」−
  • Ⅴ 出会いといのち
    • 一 衆人愛敬の人−景清は粟谷菊生の自画像である−