サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

目次

  • Ⅰ はじめに
    • 序章 本書が目指すこと
    • 第1章 条件表現研究史
  • Ⅱ 条件表現の変化を促したもの
    • 第2章 仮定的条件文に起きた変化
    • 第3章 事実的条件文に起きた変化
    • 第4章 原因理由文に起きた変化
  • Ⅲ 近世期以降の変化
    • 第5章 タラの拡大
    • 第6章 打消条件句の推移とその特殊性
    • 第7章 原因理由文の推移とその意味
  • Ⅳ 接続詞的用法の発達
    • 第8章 上方・大阪語における接続詞的用法ソレナラ類の推移
    • 第9章 後期江戸語における接続詞的用法ソレデハの発達
    • 第10章 上方・大阪語/江戸・東京語におけるソレダカラ類の発達
  • Ⅴ 当為表現の推移
    • 第11章 上方・大阪語における二重否定形式当為表現の推移
    • 第12章 上方・大阪語における「評価的複合形式」の推移
    • 第13章 上方・大阪語/江戸・東京語における当為表現の推移
  • Ⅵ 言語資料と条件表現
    • 第14章 言語資料として見た近松世話浄瑠璃
    • 第15章 落語録音資料と速記本
    • 第16章 原因理由文の用法に見る五代目笑福亭松鶴落語
  • Ⅶ おわりに
    • 終章 条件表現史研究から日本語史研究へ