サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

マーケティング

マーケティング (放送大学教材)

  • 橋田 洋一郎(著)/ 須永 努(著)
  • 1 マーケティングとは
    • 1.マーケティングとセリングの違い
    • 2.マーケティング・ミックス
    • 3.マーケティングの考え方と位置づけ
    • 4.マーケティング・マイオピア
  • 2 顧客価値と顧客満足
    • 1.顧客価値の源泉
    • 2.顧客価値を高める方法
    • 3.顧客満足の考え方
    • 4.現代のビジネス環境と顧客満足度
  • 3 戦略的マーケティング
    • 1.マーケティングにおける競争の次元
    • 2.5つの競争要因(five forces)
    • 3.ポートフォリオ分析
    • 4.SWOT分析
    • 5.成長ベクトル
    • 6.競争地位に基づく戦略
  • 4 セグメンテーション,ターゲティング,ポジショニング
    • 1.マーケティングにおけるSTP
    • 2.市場細分化の考え方
    • 3.標的市場に対するアプローチ
    • 4.ポジショニング
    • 5.ポジショニングの事例
  • 5 マーケティング・リサーチ
    • 1.マーケティング・リサーチの概要
    • 2.データ収集の方法
    • 3.標本抽出(サンプリング)
    • 4.測定尺度の違い
    • 5.データ分析の手法
    • 6.最近のマーケティング・リサーチ
  • 6 消費者行動
    • 1.マーケティングと消費者行動
    • 2.消費者知覚の特性
    • 3.知覚マップ
    • 4.消費者の情報処理モデル
    • 5.消費者関与概念
    • 6.消費者の購買意思決定プロセス
    • 7.ブランド・カテゴライゼーション
  • 7 製品戦略
    • 1.製品とは
    • 2.製品ミックス
    • 3.製品開発
    • 4.新製品開発のプロセス
    • 5.製品ライフサイクル
  • 8 価格戦略
    • 1.価格の役割
    • 2.価格設定の基本方針
    • 3.他のマーケティング・ミックス要素との関連
    • 4.その他の価格戦略
  • 9 流通戦略
    • 1.流通業者とは
    • 2.流通業者の選択
    • 3.集中度
    • 4.延期−投機
    • 5.流通のグローバル化
  • 10 プロモーション戦略
    • 1.プロモーション・ミックス
    • 2.広告
    • 3.販売促進
    • 4.人的販売およびパブリック・リレーションズ
    • 5.プロモーション手段の相対的重要性
  • 11 マーケティング・コミュニケーション
    • 1.コミュニケーション・モデル
    • 2.コミュニケーションの反応モデル
    • 3.消費者間のインタラクション
    • 4.プッシュとプル
    • 5.統合型マーケティング・コミュニケーション
  • 12 サービス・マーケティング
    • 1.サービスとは
    • 2.サービスの特性
    • 3.サービスのマーケティング戦略
    • 4.その他の考慮事項
  • 13 ブランド戦略
    • 1.ブランドとは
    • 2.ブランドの戦略
    • 3.ブランド・エクイティ
    • 4.ブランドの新たな動向
  • 14 ソーシャル・マーケティング
    • 1.非営利組織のマーケティング
    • 2.社会志向のマーケティング
    • 3.CSRマーケティング
    • 4.コンシューマリズム
  • 15 リレーションシップ・マーケティング
    • 1.取引(交換)から関係性へ
    • 2.リレーションシップ・マーケティングの発展
    • 3.顧客関係性のレベル
    • 4.顧客関係性の維持と発展
    • 5.ロイヤルティ・プログラム
    • 6.苦情対応とサービス・リカバリー