サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

目次

力と運動の物理 新訂

力と運動の物理 新訂 (放送大学教材)

  • 米谷 民明(著)/ 岸根 順一郎(著)
  • 1 力と物理学の世界
    • 1.1 力の小歴史:コペルニクスからガリレイへ
    • 1.2 ニュートンの力学
    • 1.3 新しい「力」と物理学の発展
    • 1.4 時間・空間・質量
    • 1.5 質量
    • 1.6 単位と次元
  • 2 運動をどう表現するか
    • 2.1 座標系の変換
    • 2.2 内積と外積の使い方
  • 3 力とはどういうものか
    • 3.1 力もベクトルだ:質点に働く力の釣り合い
    • 3.2 物体に働く力の釣り合い:内力と外力
    • 3.3 仮想仕事の原理
    • 3.4 自然界の力
  • 4 力と運動の法則
    • 4.1 慣性の法則とは何か
    • 4.2 運動方程式とは何か
    • 4.3 作用反作用の法則と運動量保存
    • 4.4 中心力と角運動量保存
    • 4.5 運動方程式から運動がなぜ決まるか
  • 5 仕事とエネルギー
    • 5.1 エネルギーとは何か
    • 5.2 保存力
    • 5.3 保存力のもとでの釣り合いと運動
    • 5.4 ラグランジュの運動方程式と作用原理
  • 6 典型的な粒子運動を調べる(1)振動
    • 6.1 振動現象
    • 6.2 単振動
    • 6.3 抵抗の効果
    • 6.4 時間変化する外力
    • 6.5 抵抗のある強制振動
    • 6.6 非線形振動
  • 7 典型的な粒子運動を調べる(2)重力、クーロン力による運動
    • 7.1 天体の運行とケプラーの法則
    • 7.2 ケプラー問題
    • 7.3 一般的な中心力(引力)の場合
    • 7.4 ラザフォード散乱
  • 8 典型的な粒子運動を調べる(3)電磁場中の運動
    • 8.1 電磁場と荷電粒子
    • 8.2 クーロン電場による運動
    • 8.3 磁場による運動
    • 8.4 電磁場中の運動
    • 8.5 電磁場中の荷電粒子のラグランジアン
  • 9 多粒子系の運動
    • 9.1 多粒子系
    • 9.2 多粒子系の運動量と角運動量
    • 9.3 多粒子系の力学的エネルギー
    • 9.4 質量の変わる物体の運動
  • 10 剛体の運動
    • 10.1 多粒子系から剛体へ
    • 10.2 剛体運動の捉え方
    • 10.3 剛体運動の基本法則
    • 10.4 慣性テンソルと慣性主軸
    • 10.5 基本的な剛体運動
    • 10.6 固定点の周りの運動
  • 11 連続体の力と運動
    • 11.1 連続体に働く力と釣り合い
    • 11.2 弾性体を伝わる波
    • 11.3 流体の運動
  • 12 運動する座標系
    • 12.1 運動の相対性と座標系
    • 12.2 非慣性系における運動方程式
    • 12.3 遠心力とコリオリ力
    • 12.4 粒子静止系
  • 13 作用原理の展開
    • 13.1 作用原理はなぜ、また、どう役立つか
    • 13.2 一般化座標と相空間の運動方程式
    • 13.3 対称性と保存則
  • 14 力と運動の見方を発展させる
    • 14.1 拘束のもとでの作用原理
    • 14.2 作用の場とハミルトン・ヤコビの方法
    • 14.3 作用変数と角変数
  • 15 古典力学の深まりと現代物理
    • 15.1 正準形式とポアソン括弧
    • 15.2 古典力学の到達点
    • 15.3 古典力学の限界から現代物理へ