サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

  • 1 ヘルスリサーチと方法論
    • 1.研究とは
    • 2.健康・保健・医療・看護・福祉分野での研究
    • 3.研究計画書の作成
    • 4.研究をスムーズに進めていくための心構え
    • 5.漠然とした問題意識から,「新しい・面白い」研究テーマへ
    • 6.本科目での学び方
  • 2 健康関連の理論・モデルと研究への適用
    • 1.理論やモデルと研究
    • 2.健康領域の研究においてよく用いられる理論の紹介
  • 3 健康分野での文献検索とクリティーク
    • 1.研究で用いる文献について
    • 2.主な文献検索データベース
    • 3.文献のクリティーク
    • 4.クリティークの際に参考になる視点
  • 4 健康や病い・障害の研究デザイン
    • 1.健康を対象にすることについて
    • 2.問題解決志向の学問
    • 3.研究対象別のとらえ方やアプローチ
    • 4.調査研究のデザイン−量的研究と質的研究−
    • 5.帰納的過程と演繹的過程
    • 6.研究計画
    • 7.質的研究の隆盛
    • 8.質的研究の評価
    • 9.サンプリングの計画
    • 10.住民票を用いた無作為サンプリングの実際
    • 11.郵送法による調査票の回収の実際
  • 5 ヘルスリサーチにおける質的研究
    • 1.質的研究の領域形成と特有の問題性
    • 2.質的研究への関心の高まりと背景
    • 3.質的研究とは
    • 4.質的データと分析法の関係
    • 5.「合意」科学と「実践」科学
    • 6.Mertonのテーゼ:中範囲理論をめぐって
    • 7.Geertzのテーゼ:一般化をめぐって
    • 8.解釈共同体
  • 6 グラウンデッド・セオリー・アプローチと健康・看護領域での活用
    • 1.グラウンデッド・セオリー・アプローチとは
    • 2.グラウンデッド・セオリー・アプローチの種類
    • 3.グラウンデッド・セオリー・アプローチ(ストラウス派)とは
    • 4.グラウンデッド・セオリー・アプローチによる分析のプロセス
    • 5.概念
    • 6.「問いを立てる」こととは
    • 7.比較
    • 8.アブダクションとは
    • 9.カテゴリー同士の関係性をとらえる
    • 10.理論の生成
    • 11.グラウンデッド・セオリー・アプローチの利点と難しさ
    • 12.理論的サンプリングと理論的飽和
  • 7 修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチと健康領域での活用
    • 1.グラウンデッド・セオリー・アプローチの多様化
    • 2.M−GTAの基本特性
    • 3.M−GTAの活用傾向
    • 4.切片化と文脈理解:いかなる知を求めるのか?
    • 5.M−GTAはどのような研究に適しているのか
    • 6.分析テーマと分析焦点者の設定
    • 7.分析のまとめ方
    • 8.分析ワークシートによる概念生成
    • 9.結果図とストーリーラインの作成:理論的飽和化の判断
  • 8 ヘルスリサーチにおける量的研究:質問紙調査を中心に
    • 1.はじめに
    • 2.量的調査とは
    • 3.量的調査の手順
    • 4.質問文作成におけるいくつかのポイント
    • 5.回収率を上げる
    • 6.データの整理と入力作業
    • 7.統計的な分析
    • 8.量的研究を進めるうえで必要な統計ソフト
  • 9 ヘルスリサーチにおける介入研究
    • 1.実験研究
    • 2.準実験的研究
    • 3.準実験的研究のタイプ別の内的妥当性のリスク
    • 4.準実験的研究の2つの事例
  • 10 統計を使って研究を進め「考える」とは
    • 1.なぜ統計を用いるのか
    • 2.関連性をみる
    • 3.目に見えない概念を測ること
  • 11 質の高い研究を目指すための諸アプローチ
    • 1.質の高い研究を目指すための諸アプローチ
    • 2.量的研究と質的研究との組み合わせ
    • 3.Web調査による調査研究
    • 4.既存のデータの2次分析
    • 5.システマティック・レビューによる研究
  • 12 研究における倫理的配慮
    • 1.研究倫理の基本
    • 2.インフォームド・コンセント
    • 3.個人情報の保護
    • 4.倫理原則
  • 13 当事者参加型リサーチ
    • 1.当事者参加型リサーチとは何か
    • 2.当事者参加型リサーチを計画するには
    • 3.当事者参加型リサーチの実際
  • 14 ヘルス分野におけるソーシャルマーケティング
    • 1.はじめに
    • 2.ソーシャルマーケティングの起源と概念
    • 3.ソーシャルマーケティングと商業マーケティング
    • 4.ソーシャルマーケティングの基本概念
    • 5.ソーシャルマーケティングの方法
    • 6.ソーシャルマーケティングの実例
    • 7.最後に
  • 15 ヘルスリサーチの成果の還元
    • 1.研究成果を還元するとは
    • 2.研究成果を発表する方法
    • 3.研修成果を還元する他の方法
    • 4.学術論文の構成と各々のパートの留意点
    • 5.論文を書く際のヒント集
    • 6.「ヘルスリサーチの方法論」を終えるにあたり