サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

目次

  • 1 カリキュラム編成の特徴と今日的課題
    • 1.用語の定義と特徴
    • 2.カリキュラム編成のねらいと特徴
    • 3.カリキュラム編成の対象と課題
    • 4.今日的課題をとらえたカリキュラム編成
  • 2 カリキュラム編成の理論と原理
    • 1.カリキュラム編成の理論的概観
    • 2.教育目標の分類とカリキュラム類型
    • 3.学力の種類と学力構造
    • 4.教科編成と領域構造のモデルと分類
    • 5.教育内容の構成
    • 6.単元構成と活動構成
    • 7.単元の配列と年間指導計画
    • 8.履修原理,選択制,単位制
    • 9.法的拘束力,編成主体,国の基準
    • 10.編成の手続きとマネジメント法
    • 11.カリキュラム評価の原理と手続き
  • 3 カリキュラムの基盤をなす学力モデル
    • 1.生きる力を育てる教育課程
    • 2.21世紀社会に求められる学力・実践力
    • 3.DeSeCoのキー・コンピテンシーとPISA型読解力
    • 4.子どもの総合学力を育てるカリキュラム編成
  • 4 カリキュラムの統合
    • 1.「総合的な学習の時間」改訂の趣旨
    • 2.学校を基盤としたカリキュラム編成の特徴
    • 3.6つの単元モデル
    • 4.単元モデルの構成
    • 5.6つの単元モデルを組み合わせたカリキュラム編成
  • 5 新教科創設のためのカリキュラム開発と研究開発学校制度
    • 1.新教科設立によるカリキュラム開発の意義
    • 2.研究開発学校制度の目的と趣旨
    • 3.研究開発学校における評価
    • 4.新教科設立の研究概要
    • 5.これからの新教科の方向性
  • 6 教科横断的な課題(1)言語活動の充実
    • 1.「言語活動の充実」とは何か
    • 2.20項目の言葉の力を育てる
    • 3.言葉の力を育てるサブ・カリキュラム
  • 7 教科横断的な課題(2)活用を図る学習活動
    • 1.「活用を図る学習活動」とは何か
    • 2.活用型学力としての思考力・判断力・表現力
    • 3.問題解決的な単元学習としての活用学習
    • 4.活用問題の特徴
    • 5.型を活用して個性的に表現する
    • 6.活用学習のためのサブ・カリキュラム
  • 8 教科横断的な課題(3)学習スキルの育成
    • 1.いまなぜ学習スキルなのか
    • 2.学習スキルとは何か
    • 3.学習スキルを育てるサブ・カリキュラム
  • 9 人間関係スキルを育てるカリキュラムの編成
    • 1.子どもの社会性の低下
    • 2.人間関係スキルとは何か
    • 3.人間関係スキルを育てるカリキュラム
  • 10 クロス・カリキュラムの編成
    • 1.クロス・カリキュラムとは何か
    • 2.イギリスのカリキュラム統合の歴史と原理に学ぶ
    • 3.2つの教科を組み合わせた単元構成を行うクロス・カリキュラム
    • 4.共通テーマのもとに3つ以上の教科等を組み合わせたクロス・カリキュラム
    • 5.習得・活用・探究を関連づけた教科横断的なプロジェクト学習
  • 11 学級経営カリキュラムの編成
    • 1.学級経営とは何か
    • 2.学級経営カリキュラムの必要性と特徴
    • 3.学級力の定義と可視化の手法
    • 4.学級力向上カリキュラムの作成と実践
  • 12 カリキュラム開発のケース・スタディー
    • 1.ケース・スタディーで探るカリキュラム開発の知恵
    • 2.教科「ドラマ科」(大阪教育大学附属池田中学校)
    • 3.教科「市民科」(大阪教育大学附属池田中学校)
    • 4.新教科創設のためのカリキュラム開発の意義と課題
  • 13 海外のカリキュラムに学ぶ
    • 1.海外で提案されている21世紀型学力
    • 2.イギリスの市民科のねらいとカリキュラム
    • 3.21世紀型スキルを育てるカリキュラムの条件
  • 14 R−PDCAサイクルに基づくカリキュラム・マネジメント
    • 1.学校を基盤としたカリキュラム開発(SBCD)とは
    • 2.R−PDCAサイクルを用いたカリキュラム・マネジメント
    • 3.各段階のねらいと特徴
    • 4.カリキュラム評価のねらいと特徴
    • 5.カリキュラム・マネジメントのプロセスシート
  • 15 漸進的カリキュラム編成法の意義と特徴
    • 1.カリキュラムを実践を通して少しずつ編成する
    • 2.漸進的カリキュラム編成法とアクティブ・デザイナーとしての教師
    • 3.ある教師のケース・スタディー〜いのちの教育を創り上げる
    • 4.これからのカリキュラム編成への示唆〜自己成長する教師のために