サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

コンサイス物理化学

コンサイス物理化学

  • D.W.ROGERS(著)/ 中村 和郎(訳)
  • 第1章 理想気体の法則
    • 1・1 経験的な気体に関する法則
    • 1・2 モル
    • 1・3 状態方程式
    • 1・4 ドルトンの法則
    • 1・5 モル分率
    • 1・6 示量変数と示強変数
    • 1・7 グレアムの流出の法則
    • 1・8 マクスウェル−ボルツマン分布
    • 1・9 参考になる話:“空間”
    • 1・10 状態和,分配関数
    • 例題と章末問題
  • 第2章 実在気体:経験的な状態方程式
    • 2・1 ファンデルワールスの状態方程式
    • 2・2 ビリアル状態方程式:パラメーターを使った曲線適合
    • 2・3 圧縮率因子
    • 2・4 臨界温度
    • 2・5 換算変数
    • 2・6 対応状態の法則
    • 2・7 非理想気体のモル質量の決定
    • 例題と章末問題
  • 第3章 簡単な系の熱力学
    • 3・1 保存則と完全微分
    • 3・2 熱力学におけるサイクル
    • 3・3 線積分
    • 3・4 熱力学状態と系
    • 3・5 状態関数
    • 3・6 可逆過程と経路非依存性
    • 3・7 熱容量
    • 3・8 内部エネルギーとエンタルピー
    • 3・9 ジュールの実験,ジュール−トムソン効果
    • 3・10 理想気体の熱容量
    • 3・11 断熱膨張
    • 例題と章末問題
  • 第4章 熱化学
    • 4・1 熱量測定法
    • 4・2 内部エネルギーと生成エンタルピー
    • 4・3 基準状態
    • 4・4 分子の生成エンタルピー
    • 4・5 反応エンタルピー
    • 4・6 グループ内の加成性
    • 4・7 古典力学によるΔfH298(g)
    • 4・8 シュレーディンガー方程式
    • 4・9 温度によるΔHの変化
    • 4・10 示差走査熱量測定法
    • 例題と章末問題
  • 第5章 エントロピーと熱力学第二法則
    • 5・1 エントロピー
    • 5・2 エントロピー変化
    • 5・3 自発的過程
    • 5・4 熱力学第三法則
    • 例題と章末問題
  • 第6章 ギブズ自由エネルギー
    • 6・1 エンタルピーとエントロピーの組合わせ
    • 6・2 生成ギブズ自由エネルギー
    • 6・3 熱力学の基本恒等式
    • 6・4 反応ギブズ自由エネルギー
    • 6・5 ギブズ自由エネルギーの圧力依存性
    • 6・6 ギブズ自由エネルギーの温度依存性
    • 例題と章末問題
  • 第7章 平衡
    • 7・1 平衡定数
    • 7・2 一般的な式
    • 7・3 反応進行度
    • 7・4 フガシティーと活量
    • 7・5 平衡定数の温度依存性
    • 7・6 計算熱化学
    • 7・7 化学ポテンシャル,理想的でない系の扱い
    • 7・8 生化学の系のギブズエネルギーと平衡
    • 例題と章末問題
  • 第8章 熱力学の統計学的扱い
    • 8・1 平衡
    • 8・2 縮退と平衡
    • 8・3 ギブズ自由エネルギーと分配関数
    • 8・4 エントロピーと確率
    • 8・5 熱力学関数
    • 8・6 簡単な系の分配関数
    • 8・7 種々のモードの運動に対する分配関数
    • 8・8 平衡定数,その統計的な求め方
    • 8・9 計算統計熱力学
    • 例題と章末問題
  • 第9章 相律
    • 9・1 成分,相,自由度
    • 9・2 共存曲線
    • 9・3 クラウジウス−クラペイロンの式
    • 9・4 部分モル体積
    • 9・5 ギブズの相律
    • 9・6 2成分系の相図
    • 9・7 複合的相図
    • 9・8 3成分系の相図
    • 例題と章末問題
  • 第10章 反応速度論
    • 10・1 一次反応の速度則
    • 10・2 二次反応
    • 10・3 他の次数の反応
    • 10・4 速度式の実験による決定
    • 10・5 反応機構
    • 10・6 反応速度への温度の影響
    • 10・7 衝突理論
    • 10・8 計算機による動力学
    • 例題と章末問題
  • 第11章 液体と固体
    • 11・1 表面張力
    • 11・2 液体と固体の熱容量
    • 11・3 液体の粘度
    • 11・4 結晶
    • 11・5 ブラベ格子
    • 11・6 計算で求めた構造
    • 11・7 格子エネルギー
    • 例題と章末問題
  • 第12章 溶液
    • 12・1 理想溶液
    • 12・2 ラウールの法則
    • 12・3 参考になる話:濃度の単位
    • 12・4 実在溶液
    • 12・5 ヘンリーの法則
    • 12・6 蒸気圧
    • 12・7 沸点上昇
    • 12・8 浸透圧
    • 12・9 束一的性質
    • 例題と章末問題
  • 第13章 電量分析と伝導率
    • 13・1 電位
    • 13・2 抵抗率,伝導率,コンダクタンス
    • 13・3 モル伝導率
    • 13・4 部分的な電離,弱電解質
    • 13・5 イオン移動度
    • 13・6 ファラデーの法則
    • 13・7 移動度とコンダクタンス
    • 13・8 ヒットルフセル
    • 13・9 イオンの活量
    • 例題と章末問題
  • 第14章 化学電池
    • 14・1 ダニエル電池
    • 14・2 半電池
    • 14・3 半電池の電位
    • 14・4 電池図
    • 14・5 電気的仕事
    • 14・6 ネルンストの式
    • 14・7 濃淡電池
    • 14・8 E°の決定
    • 14・9 溶解度積と安定度定数
    • 14・10 平均イオン活量係数
    • 14・11 カロメル電極
    • 14・12 ガラス電極
    • 例題と章末問題
  • 第15章 前期量子論から量子力学へ
    • 15・1 水素原子スペクトル
    • 15・2 前期量子論
    • 15・3 分子量子化学
    • 15・4 ハートリー独立電子法
    • 15・5 参考になる話:原子単位
    • 例題と章末問題
  • 第16章 簡単な系の波動力学
    • 16・1 波動
    • 16・2 波動方程式
    • 16・3 シュレーディンガー方程式
    • 16・4 量子力学の系
    • 16・5 一次元の箱の中の粒子
    • 16・6 立方体中の粒子
    • 16・7 水素原子
    • 16・8 縮退度の解消
    • 16・9 直交性と重なり
    • 16・10 多電子原子の系
    • 章末問題
  • 第17章 変分法:原子の場合
    • 17・1 変分法の基本
    • 17・2 永年行列式
    • 17・3 水素原子に対する変分法
    • 17・4 ヘリウム原子
    • 17・5 スピン
    • 17・6 ボース粒子とフェルミ粒子
    • 17・7 スレーター行列式
    • 17・8 構成原理
    • 17・9 第2周期の原子やイオンのSCFエネルギー
    • 17・10 スレーター型軌道(STO)
    • 17・11 スピン−軌道カップリング
    • 例題と章末問題
  • 第18章 分子構造の決定
    • 18・1 調和振動子
    • 18・2 フックの法則とポテンシャル井戸
    • 18・3 二原子分子
    • 18・4 量子的剛体回転子
    • 18・5 マイクロ波分光学:結合の強さと結合距離
    • 18・6 電子スペクトル
    • 18・7 双極子モーメント
    • 18・8 核磁気共鳴(NMR)
    • 18・9 電子スピン共鳴(ESR)
    • 例題と章末問題
  • 第19章 古典的分子モデリング
    • 19・1 エンタルピーを求める加成的方法
    • 19・2 結合エンタルピー
    • 19・3 構造
    • 19・4 構造とエンタルピー:分子力学法
    • 19・5 分子モデリング
    • 19・6 GUI
    • 19・7 熱力学的性質を求める
    • 19・8 他の手法との比較
    • 19・9 遷移状態
    • 例題と章末問題
  • 第20章 量子力学的分子モデリング
    • 20・1 分子変分法
    • 20・2 水素分子イオン
    • 20・3 一般的な分子軌道の計算
    • 20・4 半経験的方法
    • 20・5 ab initio法
    • 20・6 ガウス型基底関数系
    • 20・7 組込みパラメーター
    • 20・8 分子軌道
    • 20・9 メタン
    • 20・10 分割価電子基底関数系
    • 20・11 分極基底関数
    • 20・12 ヘテロ原子:酸素
    • 20・13 メタノールのΔfH298の求め方
    • 20・14 さらなる基底関数系の改良
    • 20・15 ポスト・ハートリー−フォック計算
    • 20・16 摂動法
    • 20・17 スクリプト
    • 20・18 密度汎関数法(DFT)
    • 例題と章末問題
  • 第21章 光化学と化学反応論
    • 21・1 アインシュタインの法則
    • 21・2 量子効率
    • 21・3 結合解離エンタルピー(BDE)
    • 21・4 レーザー
    • 21・5 アイソデスミック反応
    • 21・6 反応速度に関するアイリング理論
    • 21・7 ポテンシャルエネルギー表面
    • 21・8 定常状態における擬平衡
    • 21・9 活性化エントロピー
    • 21・10 活性錯体の構造
    • 例題と章末問題