サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

  • 承前 教育問題の本質
    • はじめに
    • 1 「教育と労働との密接な無関係」の日本
    • 2 「教育」と技術・技能の修得は相反する営みである
    • 3 日本語の「職業」概念の曖昧さ
    • 4 「教育と勤労との密接な関係」の今日
    • 5 「教育」性善説に虜まれた日本人
    • 6 「托教育」させられている日本人
    • 補 「教育」を批判・忌避した三賢人
    • おわりに
  • 過失一 「教育勅語」の容認
    • 1 生きていた「教育勅語」
    • 2 「教育勅語」観での「日本国憲法」の審議
    • 3 「教育勅語」観での「教育基本法」の制定
    • 4 「教育」使用の問題
    • 補 文部省改革の未完
  • 過失二 学問と職業の分離
    • 1 マッカーサー草案改編による分離
    • 2 職業分離の学問観
    • 3 「職業選択の自由」権の問題
  • 過失三 「教育を受ける権利」の妄信
    • はじめに
    • 1 「教育を受ける権利」の規定過程
    • 2 国体擁護者による「教育を受ける権利」の支持
    • 3 佐々木惣一の「教育を受ける権利」への疑問
    • 4 堀尾輝久の「教育を受ける権利」の誤解
    • 5 日本的精神としての「教育を受ける権利」
    • 6 「教育を受ける権利」の派生問題
  • 過失四 「普通教育」の信奉
    • はじめに
    • 1 「日本国憲法」と教育関係法における「普通教育」の規定
    • 2 「普通教育」浸透の背景と性格
    • 3 フンボルト一般陶冶論の誤解
    • 4 『理事功程』における初出と『回覧実記』における普及
    • 5 語源としてのフルベッキの“Popular Education”
    • 6 「民衆教育」使用不可能の理由
    • 補 国際規程にない「普通教育」
  • 過失五 「平等」という個性無視
    • はじめに
    • 1 教育による集団意職の形成
    • 2 個性尊重の意味
    • 3 「教育」による個性の無視
    • 4 人の単純化・標準化
    • 5 個別化の“教育”実践
    • おわりに
  • 過失六 「勤労」観の尊重
    • はじめに
    • 1 “Work”を「勤労」と意訳した「日本国憲法」
    • 2 日本的精神としての「勤労の義務」
    • 3 学校における「勤労の尊重」の始まり
    • 4 「勤労を重んじる教育」の意味
    • 5 日本的「教育」好みと「訓練」嫌い
  • 過失七 「教育基本法」の矮小化
    • はじめに
    • 1 日本的精神が結実した「教育基本法」
    • 2 GHQの提言を無視した教育目的
    • 3 「社会教育」条文規定の目論見
    • 4 「勤労の場所における教育」を報告してないGHQ
    • 5 「勤労の場所における教育」を否認した文部省
    • 6 「教育基本法」による教育改革の不能
  • 過失八 「働くこと」の御題目化
    • はじめに
    • 1 労働陶冶論のわが国での紹介
    • 2 「教育基本法」の「勤労の尊重」
    • 3 「学校教育法」の「勤労の尊重」
    • 4 「児童憲章」の自家撞着
    • 5 戦後初期の「働くための学習」論
    • 補 国際的な「労働」と“Education”の関係
    • おわりに
  • 過失九 日本的雇用管理の後援
    • はじめに
    • 1 教育による「労働」概念の日本的形成
    • 2 経済成長による思考停止
    • 3 大企業への「就社」志向醸成
    • 4 「重ね餅システム」の構築支援
  • 過失容疑 「キャリア教育」への幻想
    • はじめに
    • 1 「キャリア」とは何か?
    • 2 「キャリア教育」は“Career Education”ではない!
    • 3 「キャリア教育」は職業教育を疎外する!
    • 4 「キャリア教育」は教育を混乱させる!
    • 5 「キャリア教育」を受けることは権利になるのか?
  • 改革試論 「働く」ための学習権の確立
    • はじめに
    • 1 「働く」ことの意義
    • 2 教育領域の整理
    • 3 「日本国憲法」人権条項の改革案
    • 4 人権としての「職育学」