サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 序章
    • はじめに
    • 一 問題の所在
    • 二 研究の現況
    • 三 本書の課題
  • 第一部 政治=国制史的アプローチによる「ドイツ史の始まり」
  • 第一章 八四三年:ヴェルダン条約による帝国分割
    • 一 政治史の概観
    • 二 問題の所在
    • 三 「ドイツ史の始まり」の始点
  • 第二章 八八七年:東西フランク王国の最終的分離
    • 一 政治史の概観
    • 二 問題の所在
    • 三 アルヌルフか“諸部族”か
  • 第三章 九一一年:東フランク=カロリング家の断絶
    • 一 政治史の概観
    • 二 問題の所在
    • 三 コンラート一世王権の連続性と断絶
  • 第四章 分国・大公・“部族”
    • 一 ヴェルナーの「諸分国構造論」
    • 二 “部族Stamm”とは何か?
    • 三 「民族」か“部族”か
  • 第五章 九一九年:フランク人からザクセン人への王朝交替
    • 一 政治史の概観
    • 二 問題の所在
    • 三 「フランク帝国貴族」としてのリーウドルフィング家
    • 四 「ザクセン人」の政治的エトノス生成
    • 五 ポスト・カロリング期における支配の正当性
  • 第二部 「ドイツ人」と「ドイツ人の王国」
  • 第六章 “フランク”と“ドイツ”の狭間(一)
    • 一 政治史の概観
    • 二 問題の所在
    • 三 国王・皇帝称号における支配観念
    • 四 “ドイツ人”の出現
  • 第七章 “フランク”と“ドイツ”の狭間(二)
    • 一 オットー一世・二世統治期におけるtheodiscus/teutonicus
    • 二 叙述史料における支配観念(一)
    • 三 叙述史料における支配観念(二)
    • 四 「東フランク王国」から「フランク=ザクセン王国」、そして「ローマ帝国」へ
  • 第八章 オットー三世・ローマ帝国の改新・“ドイツ人”(一)
    • 一 政治史の概観
    • 二 問題の所在
    • 三 “ドイツ人”受容の条件
    • 四 「ローマ帝国の改新」と民族名の受容
    • 五 「改新」の挫折と「ザクセン人・ドイツ人・ローマ人」
  • 第九章 オットー三世・ローマ帝国の改新・“ドイツ人”(二)
    • 一 二人のザクセン人
    • 二 メールゼブルクのティートマル『年代記』
    • 三 クヴェーアフルトのブルーノ
    • 四 「ドイツ王国・国王」概念の出現
    • 五 ローマ皇帝権と“ドイツ人”のエトノス生成
  • 第三部 「ローマ帝国を担うドイツ人」
  • 第一〇章 一一世紀前半のローマ帝国と帝権的王権理念
    • 一 問題の所在
    • 二 アルプスの「北」と「南」
    • 三 一一世紀前半の「ドイツ」概念と「超人格的国家観」の形成
    • 四 特別称号
  • 第一一章 叙任権闘争とドイツ王国
    • 一 問題の所在
    • 二 叙任権闘争前夜の「ドイツ王国」
    • 三 グレゴリウス七世
    • 四 ランペルト・フォン・ヘルスフェルト
    • 五 『アンノの歌』
  • 終章
    • 一 問題の所在
    • 二 帝権移転論と「アウグストゥスの後継者」
    • 三 「王国の名誉」
    • 四 公式称号
    • 五 「ローマ帝国」を担うドイツ人