サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

スタンダード免疫学 第4版

スタンダード免疫学 第4版

  • 小林 芳郎(共著)/ 笠原 忠(共著)/ 片桐 拓也(共著)/ 渡辺 直子(共著)
  • 1章 序論
    • 1.1 免疫学と予防接種
    • 1.2 バーネットのクローン選択説
    • 1.3 T細胞の抗原認識機構
    • 1.4 細胞間相互作用
    • 1.5 免疫系はなんのために存在するのか;自然免疫と獲得免疫(適応免疫)
    • 1.6 アレルギー
    • 1.7 これまでに免疫学ならびに関連領域の研究に与えられたノーベル賞
    • 章末問題
  • 2章 抗体
    • 2.1 どのような物質が抗原として作用するか
    • 2.2 抗体の機能と種類
    • 2.3 抗体の取得法
    • 章末問題
  • 3章 抗原抗体反応
    • 3.1 凝集反応
    • 3.2 沈降反応
    • 3.3 ウエスタンブロット分析
    • 3.4 ELISA(酵素免疫測定法)
    • 3.5 フローサイトメトリー
    • 章末問題
  • 4章 補体
    • 4.1 補体の活性化経路
    • 4.2 貪食細胞による抗原の分解の促進機構
    • 4.3 補体の活性化と炎症
    • 4.4 補体系の制御
    • 章末問題
  • 5章 免疫を担う細胞と分化
    • 5.1 リンパ球
    • 5.2 骨髄球系細胞
    • 章末問題
  • 6章 リンパ球の抗原認識分子
    • 6.1 B細胞抗原レセプター
    • 6.2 T細胞抗原レセプター
    • 6.3 抗原レセプター遺伝子の構造
    • 6.4 抗原認識の違い
    • 6.5 遺伝子の組換え
    • 6.6 膜結合型から分泌型への変換
    • 6.7 クラススイッチ
    • 章末問題
  • 7章 主要組織適合性抗原複合体
    • 7.1 主要組織適合性抗原複合体の遺伝子
    • 7.2 構造
    • 7.3 抗原提示
    • 7.4 クラスⅠ分子やクラスⅡ分子の多様性
    • 7.5 移植と拒絶
    • 7.6 移植の法則
    • 7.7 移植片拒絶機構
    • 7.8 HLAタイピングの移植における意義
    • 7.9 移植の臨床
    • 章末問題
  • 8章 T,B細胞の活性化機構
    • 8.1 T,B細胞の抗原レセプターを介した細胞内シグナル伝達
    • 8.2 リンパ球の活性化・分化に関わるサイトカインのシグナル伝達
    • 章末問題
  • 9章 免疫応答の制御
    • 9.1 免疫寛容
    • 9.2 CD4+ヘルパーT細胞による免疫応答の制御
    • 9.3 共刺激分子と刺激阻止レセプター
    • 9.4 Toll様レセプターを介した自然免疫系と獲得免疫系との機能連関
    • 章末問題
  • 10章 細胞性免疫
    • 10.1 体液性免疫と細胞性免疫
    • 10.2 キラーT細胞
    • 10.3 細胞内寄生性細菌に対する免疫反応
    • 10.4 遅延型過敏症(Ⅳ型過敏症)
    • 章末問題
  • 11章 炎症と接着分子・サイトカイン
    • 11.1 炎症とはなにか
    • 11.2 炎症に関わる細胞群
    • 11.3 炎症におけるPAMPとDAMPの役割
    • 11.4 接着分子
    • 11.5 自然免疫,炎症と接着分子の関わり
    • 11.6 炎症性サイトカイン
    • 11.7 リンパ球のホーミングと接着分子,ケモカイン
    • 11.8 炎症性サイトカインと炎症性疾患
    • 章末問題
  • 12章 免疫薬理学
    • 12.1 免疫抑制剤
    • 12.2 免疫強化薬
    • 12.3 抗アレルギー薬
    • 12.4 抗体医薬の開発
    • 章末問題
  • 13章 免疫と疾病Ⅰ(アレルギー疾患と腫瘍免疫)
    • 13.1 アレルギー反応(過敏症)の分類
    • 13.2 アレルギー反応とアレルギー性疾患
    • 13.3 粘膜免疫と生体防御
    • 13.4 腫瘍免疫
    • 章末問題
  • 14章 免疫と疾病Ⅱ(自己免疫と免疫不全)
    • 14.1 自己免疫疾患とはなにか
    • 14.2 免疫不全症
    • 14.3 エイズ(AIDS)
    • 章末問題