サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

目次

  • 第1章 序論
    • 1.1 考察の目的・中心概念
    • 1.2 知識についての知識
    • 1.3 本書の構成
  • 第2章 視点付き命題と理由文
    • 2.1 はじめに
    • 2.2 視点付き命題と視点なし命題
    • 2.3 視点付き命題に言及する言語表現
    • 2.4 視点付き命題と認識視点の転換
    • 2.5 理由文の用法と認識視点
    • 2.6 理由文の統語構造
    • 2.7 理由文の意味論
    • 2.8 本章のまとめ
  • 第3章 時制と視点の転換
    • 3.1 はじめに
    • 3.2 前提:現代日本語の時制形式と解釈
    • 3.3 問題点:因果構文における例外的事例
    • 3.4 「観察」と「非難」:岩崎の分析
    • 3.5 認識視点に基づく時制解釈
    • 3.6 本章のまとめ
  • 第4章 観察の因果構文について
    • 4.1 はじめに
    • 4.2 第3章の分析の補足と修正
    • 4.3 不定形分析への批判
    • 4.4 「観察」と知識
    • 4.5 本章のまとめ
  • 第5章 非難の因果構文について
    • 5.1 はじめに
    • 5.2 副次的意味の詳細
    • 5.3 先行研究:総称文分析と視点分析
    • 5.4 知識状態と非難の因果構文
    • 5.5 認識視点による意味論的分析
    • 5.6 「過去における予測」と否定的ニュアンス
    • 5.7 本章のまとめ
  • 第6章 結論