サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

  • 序章
  • 第Ⅰ章 「わかる」とは
    • 1 緒言
    • 2 「わかる」という語句
    • 3 土井健郎の「わかる」ということ
    • 4 「わかる」に関連した共感的理解
    • 5 「わかる」に関連した直感
    • 6 「わかる」に関連した体験過程
    • 7 共動作
    • 8 「わかる」に関連した「気づき」
    • 9 「わかる」に関連した「さとる」
    • 10 「わかる」に関連した主観と客観
    • 11 「わかる」に関係した洞察
    • 12 動作法では「わかる」を記述しているか
    • 13 筆者の「わかる」という視点
  • 第Ⅱ章 動作法の歴史と構造
    • 1 動作法の歴史
    • 2 援助法としての動作法
    • 3 動作法の援助場面の構造
  • 第Ⅲ章 運動障がい児・者への援助過程
    • 1 事例1:過度緊張の激しい脳性まひ児(A男)への動作援助
    • 2 事例2:坐位がとれない重度重複障がい児(B男)への動作援助
    • 3 事例3・事例4:坐位がとれない脳性まひ児(C子・D男)への動作援助
    • 4 事例5:膝立ちができない(尻が引ける)脳性まひ児(E子)への動作援助
    • 5 事例6:片膝立ちができない(尻が引ける)脳性まひ児(E子:同上)への動作
    • 6 事例7:立てない(腰に力が入らない)脳性まひ児(E子:同上)への動作援助
    • 7 事例8:立てない(腰に力が入らない)脳性まひ児(F男)への動作援助
    • 8 事例9:歩行ができない脳性まひ児(G男)への動作援助
  • 第Ⅳ章 自閉性障がい児への援助過程
    • 1 自閉性障がい児の問題行動への動作法の適用
    • 2 事例10:自傷行為が激しい重度重複障がい児への適用
    • 3 事例11:自閉症児(I男)に対する動作法導入場面での援助(河野,2006,2007a)
    • 4 事例12:動作の援助対応と泣きや自傷行為の変容から「わかる」こと
  • 第Ⅴ章 その他の事例での援助過程
    • 1 事例13:黙症児(K男)への動作援助
    • 2 事例14:相談室登校生徒(L男)への動作援助
    • 3 事例15:糖尿病を発症している知的障がい者(M氏)への動作援助
  • 第Ⅵ章 事例から「わかる」こと
    • 1 運動障がい児の事例から「わかる」こと
    • 2 自閉性障がい児の事例から「わかる」こと
    • 3 その他の事例から「わかる」こと
  • 第Ⅶ章 援助者から「わかる」こと
    • 1 「援助者の動作体験に関する感知内容の記述と分類」から「わかる」こと
    • 2 事例1:A男:全身を反らせる重度の脳性まひ児から「わかる」こと
    • 3 事例2:B男:力が入らず坐位がとれない重度重複障がい児から「わかる」こと
    • 4 事例3:C子:坐位がとれない重度重複障がい児から「わかる」こと
    • 5 事例4:D男:とんび坐りができた重度障がい児から「わかる」こと
    • 6 事例5:E子:尻を突き出すように膝立ちをする脳性まひ児から「わかる」こと
    • 7 事例6:E子:事例5と同じ脳性まひ児の片膝立ちから「わかる」こと
    • 8 事例7:E子:事例4・5と同じ脳性まひ児の立位から「わかる」こと
    • 9 事例8:F男:クラッチで歩き始めた脳性まひ児から「わかる」こと
    • 10 事例9:G男:歩行を獲得した脳性まひ児から「わかる」こと
    • 11 事例10:H男:激しい自傷行為を繰り返す発達障がい児から「わかる」こと
    • 12 事例11:I男:訓練室に入れるようになった自閉症児から「わかる」こと
    • 13 事例12:J男:泣きと自傷で表現する脳障がい児から「わかる」こと
    • 14 事例13:K男:外に出るとスイッチが切れる少年:絨黙症児から「わかる」こと
    • 15 事例14:L男:相談室登校の中学生から「わかる」こと
    • 16 事例15:M氏:糖尿病を発症している知的障がい者から「わかる」こと
  • 第Ⅷ章 動作者の動作体験を記述する
    • 1 動作者の動作体験を推測する試行
    • 2 動作者の「感知・分類」の記述
    • 3 動作者の感知体験の推測
  • 第Ⅸ章 動作で「わかる」視座
    • 1 「主体活動」の新たな視点
    • 2 援助過程の「やり取り」の記述
    • 3 常に注意が頻繁に動いていると感じる「シフト感」と主体(主体活動)の智恵
    • 4 援助者と動作者の主体性のやり取り、つまり「相互動作性」
    • 5 「わかる」基盤と「わかる」ということ
    • 6 相互動作性

心理学 ランキング

心理学のランキングをご紹介します一覧を見る