サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

目次

機械材料学

機械材料学

  • 武井 英雄(編著)/ 中佐 啓治郎(編著)/ 篠崎 賢二(編著)
  • 1章 材料の構造
    • 1・1 元素の周期律と原子の構造
    • 1・2 原子の結合
    • 1・3 結晶の構造
    • 1・4 ミラー指数
    • 1・5 純金属の構造
    • 1・6 合金および化合物の構造
  • 2章 拡散と相変態
    • 2・1 自由エネルギと原子の移動
    • 2・2 拡散
    • 2・3 相律
    • 2・4 一成分系の平衡状態図
    • 2・5 二成分系の平衡状態図
    • 2・6 凝固と析出
  • 3章 金属の塑性変形と転位
    • 3・1 多結晶体の弾性および塑性変形
    • 3・2 単結晶の弾性および塑性変形
    • 3・3 理想結晶の臨界せん断応力
    • 3・4 転位に関する基礎事項
    • 3・5 加工硬化,回復および再結晶
  • 4章 金属の強化機構
    • 4・1 概要
    • 4・2 固溶強化
    • 4・3 加工強化
    • 4・4 析出強化および分散強化
    • 4・5 結晶粒微細化強化
    • 4・6 複合強化
  • 5章 機械的性質の評価法
    • 5・1 引張り特性
    • 5・2 硬さ
    • 5・3 衝撃吸収エネルギ
    • 5・4 疲労強度
    • 5・5 クリープ強度
    • 5・6 破壊じん性
  • 6章 製鉄法と製鋼法
    • 6・1 製鉄法
    • 6・2 製鋼法
    • 6・3 連続鋳造および圧延工程
    • 6・4 鋳鋼品および鍛鋼品
  • 7章 純鉄および炭素鋼
    • 7・1 工業用純鉄
    • 7・2 純鉄の変態
    • 7・3 純鉄の性質と用途
    • 7・4 炭素鋼の組織とFe−C系平衡状態図
    • 7・5 過冷オーステナイトの変態
    • 7・6 炭素鋼の標準状態の性質
    • 7・7 炭素鋼の降伏点現象とひずみ時効
  • 8章 鋼の熱処理
    • 8・1 鋼の焼なまし
    • 8・2 鋼の焼ならし
    • 8・3 鋼の焼入れ
    • 8・4 鋼の焼戻し
    • 8・5 鋼の特殊熱処理
  • 9章 構造用炭素鋼および合金鋼
    • 9・1 鋼の性質に及ぼす合金元素の影響
    • 9・2 構造用炭素鋼
    • 9・3 構造用合金鋼
  • 10章 鋼の表面硬化
    • 10・1 表面焼入れ
    • 10・2 浸炭焼入れ
    • 10・3 窒化
    • 10・4 ショットピーニング
  • 11章 特殊用途鋼
    • 11・1 快削鋼
    • 11・2 工具鋼・工具材料とその類似材料
    • 11・3 ステンレス鋼および耐食合金
    • 11・4 耐熱鋼および超耐熱合金
  • 12章 鋳鉄
    • 12・1 鋳鉄の組織
    • 12・2 鋳鉄の性質
    • 12・3 普通鋳鉄と高級鋳鉄
    • 12・4 合金鋳鉄
    • 12・5 チルド鋳物
    • 12・6 可鍛鋳鉄
    • 12・7 球状黒鉛鋳鉄
    • 12・8 CV黒鉛鋳鉄
  • 13章 銅および銅合金
    • 13・1 銅
    • 13・2 黄銅
    • 13・3 すず青銅
    • 13・4 アルミニウム青銅
    • 13・5 その他の銅合金
  • 14章 アルミニウムおよびアルミニウム合金
    • 14・1 アルミニウム
    • 14・2 鋳物用アルミニウム合金
    • 14・3 加工用アルミニウム合金
  • 15章 マグネシウムおよびマグネシウム合金
    • 15・1 マグネシウム
    • 15・2 マグネシウム合金
  • 16章 チタンおよびチタン合金
    • 16・1 チタン
    • 16・2 チタン合金
    • 16・3 チタン合金の用途
    • 16・4 チタン系金属間化合物
  • 17章 ニッケル,亜鉛,すず,鉛およびそれらの合金
    • 17・1 ニッケルおよびニッケル合金
    • 17・2 亜鉛および亜鉛合金
    • 17・3 すずおよびすず合金
    • 17・4 鉛および鉛合金
  • 18章 高分子材料
    • 18・1 高分子の構造
    • 18・2 プラスチック
    • 18・3 エラストマ
    • 18・4 繊維材料
  • 19章 セラミックス
    • 19・1 セラミックスとは
    • 19・2 セラミックスの特徴
    • 19・3 セラミックスの種類
    • 19・4 セラミックスの熱的および機械的性質
  • 20章 複合材料
    • 20・1 複合材料とは
    • 20・2 複合材料の分類
    • 20・3 複合材料の特性
    • 20・4 強化材
    • 20・5 プラスチック基複合材料
    • 20・6 セラミックス基複合材料
    • 20・7 金属基複合材料
  • 21章 機能性材料
    • 21・1 磁性材料
    • 21・2 圧電材料
    • 21・3 マイクロマテリアル
    • 21・4 形状記憶合金および超弾性合金
    • 21・5 超塑性材料
    • 21・6 防振・制振材料
    • 21・7 生体材料

工業基礎学 ランキング

工業基礎学のランキングをご紹介します一覧を見る