サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1章 はじめに
    • 1.1 問題提起
    • 1.2 研究の目的と意義
    • 1.3 研究の対象と言語資料
    • 1.4 本書の構成
  • 第2章 理論的な枠組み
    • 2.1 事態把握
    • 2.2 日本語話者における〈好まれる言い回し〉としての〈主観的把握〉
    • 2.3 〈主観的把握〉と日・韓・英・中国語との比較
  • 第3章 先行研究
    • 3.1 日本語の「ていく/くる」における先行研究
    • 3.2 韓国語の「e kata/ota」における先行研究
  • 第4章 分析と考察
    • 4.1 本動詞としての用法:「行く/来る」と「kata/ota」
    • 4.2 補助動詞としての用法:「ていく/くる」と「e kata/ota」
  • 第5章 〈事態把握〉における日本語話者と韓国語話者の好みの差の一側面として
    • 5.1 状態を表す「ていく/くる」とそれに対応する韓国語表現
    • 5.2 「てもらう」とそれに対応する韓国語表現
    • 5.3 主語の省略と自己の〈ゼロ化〉
    • 5.4 言語類型のパラメーターとしての〈主観性〉とその度合い
  • 第6章 おわりに