サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

目次

認知日本語学講座 第7巻 認知歴史言語学

認知日本語学講座 第7巻 認知歴史言語学

  • 山梨 正明(編)/ 吉村 公宏(編)/ 堀江 薫(編)/ 籾山 洋介(編)/ 金杉 高雄(著)/ 岡 智之(著)/ 米倉 よう子(著)
  • 第1章 日本語存在表現の文法化−認知言語学と歴史言語学の接点を探る−
    • 1.1 はじめに
    • 1.2 文法化理論から見た存在表現の文法化
    • 1.3 存在表現の歴史的変遷の概要
    • 1.4 存在構文に基づくテイル・テアル構文
    • 1.5 おわりに
  • 第2章 テンス・アスペクトの文法化と類型論−存在と時間の言語範疇化−
    • 2.1 はじめに
    • 2.2 伝統的日本語研究におけるテンス・アスペクト・モダリティ論
    • 2.3 認知文法から見たテンス・アスペクト・モダリティ
    • 2.4 文法化理論から見たテンス・アスペクトの発展
    • 2.5 東アジア諸言語における存在表現の文法化とテンス・アスペクト
    • 2.6 おわりに
  • 第3章 言語相対的差異と単方向仮説−可能表現の文法化・(間)主観化−
    • 3.1 はじめに
    • 3.2 主観化と主体化
    • 3.3 言語相対論と文法化
    • 3.4 可能表現の文法化経路
    • 3.5 英語可能表現の文法化
    • 3.6 出来事指向的用法と話者指向的用法
    • 3.7 日本語可能表現の文法化
    • 3.8 日本語における認識的可能用法と許可用法
    • 3.9 日英語に見られる可能表現発達の差異
    • 3.10 おわりに
  • 第4章 節間の結合に関わる文法化・(間)主観化−複文構造から言いさし構文へ−
    • 4.1 はじめに
    • 4.2 節の融合度
    • 4.3 「ば」の発達−共通参与者項の存在
    • 4.4 トピック性と条件
    • 4.5 節間の意味的依存関係
    • 4.6 対称読み「ば」の発生
    • 4.7 連続性の緩み
    • 4.8 後続節を持たない「ば」
    • 4.9 接続機能の希薄化と(間)主観性
    • 4.10 おわりに
  • 第5章 類似性から派生する(間)主観的用法−直喩から引用導入機能への文法化−
    • 5.1 はじめに
    • 5.2 直喩から引用導入機能へ−通言語的文法化経路の存在
    • 5.3 新ぼかし表現に対する意識−陣内(2006)によるアンケート調査から
    • 5.4 直接性の回避とことばの変化
    • 5.5 直喩から引用導入機能へ−「みたいな」とlikeの発達
    • 5.6 Likeが伝達しうる話し手の心的態度
    • 5.7 「みたいな」が表しうる話し手の心的態度
    • 5.8 ヘッジと間主観化
    • 5.9 おわりに
  • 第6章 複合動詞の歴史的拡張−ポライトネスから文法化へ−
    • 6.1 はじめに
    • 6.2 複合動詞の構成度
    • 6.3 主観性とポライトネス
    • 6.4 主観性の強化による創発
    • 6.5 複合名詞への拡張
    • 6.6 おわりに
  • 第7章 名詞句の語用論的解釈−主観性の強化が織り成す複合名詞の諸相−
    • 7.1 はじめに
    • 7.2 複合名詞の創発と文法化
    • 7.3 複合名詞のフレーム
    • 7.4 助詞「の」の文法化
    • 7.5 体制化による構成要素の複合
    • 7.6 創発性のダイナミズム
    • 7.7 「計量」表現の認知歴史的変遷
    • 7.8 おわりに