サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

  • 第1章 錯視研究の意義とその可能性
    • 1−1 ヒトにおける錯視研究の歴史
    • 1−2 ヒト以外の動物における錯視研究の意義
    • 1−3 錯視の進化へのアプローチ
    • 1−4 トリの眼から錯視現象を探る
    • 1−5 本書の構成
  • 第2章 長さの錯視
    • 2−1 動物のミュラー・リヤー錯視に関する先行研究と問題点
    • 2−2 ハトのミュラー・リヤー錯視
    • 2−3 ミュラー・リヤー錯視におけるハトとヒトの類似点と相違点
  • 第3章 大きさの錯視
    • 3−1 ハトにおけるエビングハウス・ティチェナー錯視
    • 3−2 ハトにおける同心円錯視
    • 3−3 ニワトリにおける大きさの錯視
    • 3−4 大きさの錯視に関する鳥類とヒトの種差
  • 第4章 「遮蔽」された輪郭の錯視
    • 4−1 ニワトリにおけるアモーダル補間の検討
    • 4−2 アモーダル補間に関する鳥類とヒトの種差
  • 第5章 傾きの錯視
    • 5−1 鳥類のツェルナー錯視
    • 5−2 対比錯視の種差
  • 終章 トリの眼から見えた世界