サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

  • 序論
    • はじめに
    • 1 本書の目的
    • 2 なぜ「家族」が問われなければならないのか
    • 3 本書の構成
  • 第1章 戸籍から考える家族の境界
    • はじめに−墓石の社会学
    • 1 曽祖父要八郎と植民地
    • 2 身を立てることと家族をもつこと
    • 3 一五年待たせる男と一五年待った女
    • 4 戸籍の変遷から考える家族の態様
    • 5 戦後の要八郎と台湾ナショナリズム
    • おわりに−家族の境界、戸籍の境界、履歴書の境界
  • 第2章 「国家を背負う移民」と「国家を背負わぬ移民」
    • はじめに
    • 1 領土拡張と海外移民の一〇〇年
    • 2 領土の変更と国籍
    • 3 国籍の境界とゆらぎ
    • 4 社会保障制度と国籍
    • 5 管理は権利になるのか
    • 6 グローバル化と国籍のゆらぎ
    • おわりに
  • 第3章 動揺する国民国家を受け止める
    • はじめに
    • 1 日本における国籍概念の変遷
    • 2 旧国籍法から新国籍法への連続と断絶
    • 3 日本人の境界
    • 4 意思と科学にゆれる日本国籍
    • おわりに−家を忘れ、家に戻る日本国籍
  • 第4章 日系人から考える日本国籍の境界
    • はじめに
    • 1 日本人になるとは
    • 2 法務省はいかなる見解をとってきたのか
    • 3 日本の血統主義とは何であったのか−元祖日本人の発見
    • 4 元祖日本人が壬申戸籍登載者に求められるのはなぜか
    • 5 戸籍概念の観念化と国籍上の日本人
    • 6 日系ブラジル人から見る血統主義の台帳主義への転化
  • 第5章 国籍法の法社会学
    • はじめに
    • 1 「法の問題」と「法を問う問題」
    • 2 在留特別許可を求めて−東京入管への出頭と退去強制令書発付までの経緯
    • 3 東京地裁への提起
    • 4 東京地裁における国と子側の論争
    • 5 東京地裁の違憲判決にいたる判断過程
    • 6 最高裁への上告書
    • 7 国側の答弁書の検討
    • 8 最高裁判所はどのように判断したか
    • おわりに−国籍法はどこに向かうのか
  • 第6章 定住告示の法社会学
    • はじめに
    • 1 事件の概要
    • 2 裁判から明らかにされる定住告示改正にいたる経緯
    • 3 改正された定住告示はいかなる矛盾をはらむようになったか
    • 4 日系人とは異なる日本人の子
    • 5 外国人労働者としての「日系人」
    • おわりに−判例集を超える裁判研究の必要性と外国人
  • 第7章 外国人労働者問題の根源はどこにあるのか
    • はじめに
    • 1 世界同時不況下の外国人労働者
    • 2 冗長性問題としての外国人労働者
    • 3 なぜ外国人は権利なき労働者のままなのか
    • 4 経済と法の裂け目に落ち込む外国人労働者
    • おわりに
  • 第8章 グローバル化時代の働き方を考える
    • はじめに−いま何が問われなくてはならないのか
    • 1 外国人労働者の生活の現実
    • 2 もの言わぬ労働者とジェットコースター賃金
    • 3 非正規雇用の本質=ジェットコースター賃金
    • 4 ジェットコースター賃金の広がりと日本
    • おわりに−日系人労働者から見えてくる日本の未来
  • 第9章 国際移民の進化制度論的展開
    • はじめに
    • 1 データと分析方法
    • 2 デカセギ旅行業の黎明期
    • 3 デカセギ旅行業の最盛期のビジネスモデル
    • 4 リーマンショック後のデカセギ旅行社
    • 5 何が変わって何が続いているのか
    • おわりに