サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

ソーシャルワーク実習

ソーシャルワーク実習

  • 大正大学人間学部社会福祉学科(編)
  • 第1章 ソーシャルワーカーをめざして
    • 第1節 ボランティアからソーシャルワーカーへ
    • 第2節 ソーシャルワーカー国家資格への歩み
    • 第3節 社会福祉士と精神保健福祉士の役割
    • 第4節 ソーシャルワーカーに求められる役割
  • 第2章 ソーシャルワーカー養成カリキュラムにおける実習の位置づけ
    • 第1節 相談援助実習の位置づけ
    • 第2節 国のシラバスと3段階実習プログラムの考え方
  • 第3章 ソーシャルワーク実習の意義とその概要
    • 第1節 ソーシャルワーク実習の意義
    • 第2節 ソーシャルワーク実習の概要
  • 第4章 実習の基本的姿勢と留意点
    • 第1節 実習を成り立たせているもの
    • 第2節 実習生が守るべき義務と心得
    • 第3節 実習に関する留意点
    • 第4節 実習契約と事務手続き
  • 第5章 実習の事前学習
    • 第1節 事前学習の意義
    • 第2節 対象理解(彼を知る)
    • 第3節 自己覚知(己を知る)
    • 第4節 ソーシャルワークの基盤
    • 第5節 まとめ
  • 第6章 実習計画書の作成について
    • 第1節 実習計画書の意義
    • 第2節 実習計画書の作成と活用方法
    • 第3節 実習計画書の実例
  • 第7章 実習オリエンテーション(実習事前訪問)
    • 第1節 実習オリエンテーションの意義
    • 第2節 実習オリエンテーションでの確認事項
    • 第3節 実習オリエンテーションでの留意点
    • 第4節 実習施設・機関の地域性への理解
  • 第8章 実習ノートの書き方
    • 第1節 記録の意義
    • 第2節 実習ノートの留意点と書き方
    • 第3節 場面の再構成の書き方
    • 第4節 実習のまとめの書き方
  • 第9章 配属実習
    • 第1節 配属実習の留意点
    • 第2節 職員や利用者と円滑な人間関係を形成する
    • 第3節 実習計画の修正と変更
    • 第4節 配属実習での学びを深めるために
    • 第5節 スーパービジョンを活用する
  • 第10章 個別支援計画の基礎と立案
    • 第1節 アセスメントの実施とプランニング
    • 第2節 個別支援計画の立案と実習プログラム例
  • 第11章 実習スーパービジョン
    • 第1節 ソーシャルワーク・スーパービジョン
    • 第2節 実習スーパービジョンの仕組み
    • 第3節 実習指導者と実習教員の役割
    • 第4節 実習教育と実習スーパービジョンの展開
  • 第12章 実習の事後学習
    • 第1節 事後学習の流れと事務手続き
    • 第2節 実習終了レポートの書き方
    • 第3節 実習報告会の意義と準備
    • 第4節 実習の評価
  • 第13章 実習場面の再構成をもちいた実習の振り返り
    • 第1節 実習の体験を語る
    • 第2節 振り返りの実際
  • 第14章 インターンシップと専門実習
    • 第1節 インターンシップの意義と目的
    • 第2節 実施上の留意点
    • 第3節 計画書の作成
    • 第4節 記録と報告書の作成
    • 第5節 専門実習
  • 第15章 社会福祉士・精神保健福祉士をめざして
    • 第1節 実習を通して得た社会福祉士・精神保健福祉士像
    • 第2節 ソーシャルワーカーの使命
    • 第3節 今後の学習課題
    • 参考資料

社会福祉 ランキング

社会福祉のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む