サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

基礎無機化学 構造と結合を理論から学ぶ

基礎無機化学 構造と結合を理論から学ぶ

  • 山田 康洋(著)/ 秋津 貴城(著)
  • 1章 原子の構造
    • 1.1 電子
    • 1.2 比電荷の実験
    • 1.3 油滴の実験
    • 1.4 原子核
  • 2章 原子核と同位体
    • 2.1 原子核の構造
    • 2.2 同位体
    • 2.3 原子量
    • 2.4 質量欠損
    • 2.5 放射壊変
    • 2.6 放射性同位体と半減期
  • 3章 原子スペクトル
    • 3.1 水素原子の線スペクトル
    • 3.2 ラザフォード模型の限界
    • 3.3 ボーア模型
  • 4章 電子の粒子性と波動性
    • 4.1 光量子
    • 4.2 電子がとる円周上の波
    • 4.3 時間に依存しない定常波が満たす式
  • 5章 水素原子のシュレーディンガー方程式
    • 5.1 極座標への変換
    • 5.2 変数分離
    • 5.3 ルジャンドル陪多項式で表す角度部分
    • 5.4 求面調和関数で表す角度部分
    • 5.5 ラゲール陪多項式で表す動径部分
  • 6章 波動関数
    • 6.1 シュレーディンガー方程式の解としての波動関数
    • 6.2 固有値と固有関数
    • 6.3 波動関数の物理的な意味
    • 6.4 水素原子のボーア半径a0
    • 6.5 動径分布関数
  • 7章 量子数と原子軌道
    • 7.1 波動関数のパラメータとしての量子数
    • 7.2 主・方位・磁気量子数と原子軌道
    • 7.3 s,p,d,f軌道の空間的分布の図示
    • 7.4 p軌道の形状の導出(酸素原子2p軌道)
  • 8章 多電子原子の電子配置
    • 8.1 構成原理と元素のブロック
    • 8.2 パウリの排他原理
    • 8.3 フントの規則
    • 8.4 元素周期表と電子配置
    • 8.5 遮蔽効果
  • 9章 原子半径と化学結合
    • 9.1 原子半径
    • 9.2 イオン半径
    • 9.3 原子の並び方
    • 9.4 金属結晶
    • 9.5 イオン結晶
    • 9.6 イオン化エネルギー
    • 9.7 電子親和力
  • 10章 共有結合
    • 10.1 共鳴混成体
    • 10.2 原子価結合法
    • 10.3 分子軌道法
  • 11章 分子軌道法の使い方
    • 11.1 p軌道の分子軌道
    • 11.2 σ結合とπ結合
    • 11.3 酸素分子の分子軌道
    • 11.4 その他の等核二原子分子
    • 11.5 異核二原子分子
    • 11.6 水の分子軌道
  • 12章 結合の性格を決めるもの
    • 12.1 極性
    • 12.2 電気陰性度
    • 12.3 イオン結合と共有結合
    • 12.4 ファヤンスの規則
    • 12.5 水素結合
  • 13章 混成軌道
    • 13.1 混成軌道の考え方
    • 13.2 sp混成
    • 13.3 sp2混成
    • 13.4 sp3混成
    • 13.5 VSEPR
  • 14章 配位結合
    • 14.1 配位結合とは
    • 14.2 金属錯体とおもな配位子の例
    • 14.3 結晶場理論
    • 14.4 分光化学系列
    • 14.5 高スピンと低スピン
    • 14.6 d軌道を含む混成軌道
    • 14.7 ヘムと生物無機化学
  • 15章 多重結合と電子欠損
    • 15.1 二重結合
    • 15.2 多重結合と結合長
    • 15.3 非局在化
    • 15.4 分子軌道法による説明
    • 15.5 電子欠損分子
    • 15.6 超原子価分子