サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

  • 序章 イノベーション普及における課題
    • 1.はじめに:問題の所在
    • 2.分析対象:「自分へのご褒美」消費
    • 3.分析方法:コミュニケーション・メッセージの内容分析
    • 4.分析概念:「正当化」と「フレーミング」
    • 5.本書の構成
  • 第Ⅰ部 理論的背景:先行研究のレビュー
  • 第1章 文献レビュー:イノベーションの普及とは
    • 1.はじめに
    • 2.イノベーションの概念:そもそもイノベーションとは
    • 3.イノベーションの普及プロセスについて
    • 4.イノベーション普及に影響を与える要素
    • 5.イノベーション普及研究の課題
    • 6.まとめ
  • 第2章 分析概念:正当化とフレーミング
    • 1.はじめに
    • 2.正当性と正当化プロセス
    • 3.社会運動団体とその活動の正当化に関する研究
    • 4.フレーム理論
    • 5.正当化プロセスとしてのイノベーション普及論に向けて
  • 第Ⅱ部 実証研究:「自分へのご褒美」消費の普及
  • 第3章 「自分へのご褒美」消費とは
    • 1.はじめに
    • 2.調査概要
    • 3.「自分へのご褒美」消費の発生および発展
    • 4.イノベーション普及としての「自分へのご褒美」消費形成の理解
    • 5.まとめ
  • 第4章 企業によるコミュニケーション・メッセージの分析
    • 1.はじめに
    • 2.調査概要
    • 3.企業による「自分へのご褒美」消費のフレーミング活動
    • 4.企業のフレーミング活動と「自分へのご褒美」消費の正当化
    • 5.「自分へのご褒美」消費の正当化に向けたフレーミング戦略
    • 6.社会レベルでの集団的活動としての「自分へのご褒美」消費の正当化
    • 7.まとめ
  • 第5章 メディアによるコミュニケーション・メッセージの分析
    • 1.はじめに
    • 2.調査概要
    • 3.「自分へのご褒美」消費に関する雑誌記事の発生および発展
    • 4.「自分へのご褒美」消費に関する雑誌記事の特徴と類型化
    • 5.女性誌による「自分へのご褒美」消費のフレーミング活動
    • 6.女性誌のフレーミング活動と「自分へのご褒美」消費の正当化
    • 7.まとめ
  • 結章 正当化プロセスとしてのイノベーション普及論の概念フレームワーク
    • 1.はじめに
    • 2.発見事項のまとめ
    • 3.正当化プロセスとしてのイノベーション普及論の概念フレームワーク
    • 4.理論的な含意
    • 5.実務的な含意
    • 6.残された課題

マーケティング ランキング

マーケティングのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む