サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

目次

放射線安全学

放射線安全学 (原子力教科書)

  • 小佐古 敏荘(編著)
  • 1章 序論
    • 1−1 放射線安全の展開
    • 1−2 放射線の発見と放射線・原子力の利用
    • 1−3 放射線防護の歴史と放射線安全基準の変遷
    • 1−4 公衆の放射線のリスクについて
    • 1−5 放射線リスク評価の基礎−広島・長崎の被爆生存者の評価−
    • 1−6 放射線安全に関連する国内外の組織
  • 2章 放射線防護に用いられる諸量
    • 2−1 放射線防護の諸量
    • 2−2 放射線に関する基礎となる単位
    • 2−3 放射線計測量
    • 2−4 線量計測量
    • 2−5 放射線防護量
    • 2−6 実用量(計測実用量)
    • 2−7 放射線安全に関係する線量測定,線量評価の実際
  • 3章 放射線生物影響
    • 3−1 放射線生物影響の基礎
    • 3−2 分子および細胞レベルでの放射線影響
    • 3−3 確定的影響
    • 3−4 確率的影響
    • 3−5 胎児被ばく
    • 3−6 小児被ばく
    • 3−7 放射線リスク
  • 4章 放射線防護の体系
    • 4−1 放射線防護の歴史
    • 4−2 ICRP Publ.60,1990年勧告による放射線防護の体系化
    • 4−3 ICRP Publ.103,2007年勧告による放射線防護の体系化
    • 4−4 放射線防護の目的
    • 4−5 放射線防護の三原則
    • 4−6 放射線防護上の重要な概念
  • 5章 被ばくする個人と被ばくの様態
    • 5−1 被ばくの様態
    • 5−2 被ばくする個人
    • 5−3 人の管理と場所(環境)の管理
    • 5−4 モニタリングとは何か
  • 6章 職業被ばくの管理
    • 6−1 職業被ばく
    • 6−2 作業場所(作業環境)の管理
  • 7章 公衆被ばくの管理
    • 7−1 公衆被ばく
    • 7−2 一般環境の放射線・放射能の監視(モニタリング)
  • 8章 放射性廃棄物と廃止措置
    • 8−1 放射性廃棄物に関連する放射線安全
    • 8−2 原子力施設の廃止措置
  • 9章 環境の放射線防護
    • 9−1 環境問題の国際的な動き
    • 9−2 環境の放射線防護に関連する国際的な動き
    • 9−3 ICRPの環境防護の考え方の変遷
    • 9−4 ヒト以外の生物に対する環境防護の原則
    • 9−5 ヒト以外の生物における放射線の生物学的影響
    • 9−6 ヒト以外の生物種への放射線影響評価とその体系的アプローチ
    • 9−7 今後の課題
  • 第10章 放射線障害防止法
    • 10−1 国内法と国際基準
    • 10−2 放射線安全のための国内法の制定経緯
    • 10−3 現行の放射線安全にかかわる国内法
    • 10−4 放射線障害防止法
    • 10−5 放射線安全規制の新しい動き