サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

    • ・青菜に塩
    • ・赤子の手をひねる
    • ・秋の日はつるべ落とし
    • ・悪事千里を走る
    • ・悪銭身につかず
    • ・あけてくやしき玉手箱
    • ・朝飯前のお茶漬け
    • ・朝焼けは雨夕焼けは晴れ
    • ・足が地につかない
    • ・明日は明日の風が吹く
    • ・頭隠して尻隠さず
    • ・頭でっかち尻すぼみ
    • ・当たるも八卦当たらぬも八卦
    • ・暑さ寒さも彼岸まで
    • ・あつものにこりてなますを吹く
    • ・後足で砂をかける
    • ・後は野となれ山となれ
    • ・穴があったら入りたい
    • ・危ない橋を渡る
    • ・虻蜂取らず
    • ・雨垂れ石をうがつ
    • ・雨降って地固まる
    • ・案ずるより産むがやすし
    • ・いざ鎌倉
    • ・石に立つ矢
    • ・石の上にも三年
    • ・石橋を叩いて渡る
    • ・医者の不養生
    • ・衣食足りて礼節を知る
    • ・急がば回れ
    • ・一葉落ちて天下の秋を知る
    • ・一を聞いて十を知る
    • ・一国一城の主
    • ・一寸先は闇
    • ・一寸の虫にも五分の魂
    • ・一石二鳥
    • ・犬が西向きゃ尾は東
    • ・犬も歩けば棒に当たる
    • ・命あってのものだね
    • ・井の中の蛙大海を知らず
    • ・医は仁術
    • ・いばらにとげあり
    • ・色気より食い気
    • ・言わぬが花
    • ・雨後の竹の子
    • ・牛にひかれて善光寺参り
    • ・氏より育ち
    • ・噓つきは泥棒の始まり
    • ・噓も方便
    • ・内弁慶の外地蔵
    • ・うなぎ登り
    • ・鵜のまねをするからす
    • ・馬の耳に念仏
    • ・生みの親より育ての親
    • ・海の物とも山の物ともつかない
    • ・梅にうぐいす
    • ・売り言葉に買い言葉
    • ・噂をすれば影がさす
    • ・江戸の敵を長崎で討つ
    • ・絵に描いた餅
    • ・海老で鯛を釣る
    • ・縁の下の力持ち
    • ・負うた子に教えられて浅瀬を渡る
    • ・大男総身に知恵が回りかね
    • ・おかに上がったかっぱ
    • ・奥歯に物がはさまる
    • ・鬼に金棒
    • ・鬼の居ぬ間に洗濯
    • ・鬼の首を取ったよう
    • ・鬼の目にも涙
    • ・帯に短したすきに長し
    • ・思い立ったが吉日
    • ・親の心子知らず
    • ・親のすねをかじる
    • ・親の光は七光
    • ・親馬鹿子馬鹿
    • ・女心と秋の空
    • ・飼い犬に手を嚙まれる
    • ・かえるの子はかえる
    • ・かえるの面に水
    • ・火中の栗を拾う
    • ・勝ってかぶとの緒をしめよ
    • ・河童の川流れ
    • ・金は天下の回り物
    • ・壁に耳あり障子に目あり
    • ・果報は寝て待て
    • ・亀の甲より年の功
    • ・かゆい所に手が届く
    • ・からすの行水
    • ・枯れ木も山のにぎわい
    • ・かわいい子には旅をさせよ
    • ・かわいさ余って憎さ百倍
    • ・眼光紙背に徹す
    • ・看板に偽りなし
    • ・聞いて極楽見て地獄
    • ・聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥
    • ・昨日は人の身今日は我が身
    • ・九死に一生を得る
    • ・窮すれば通ず
    • ・窮鼠猫を嚙む
    • ・清水の舞台から飛び降りる
    • ・くさい物にふたをする
    • ・口は災いの門
    • ・口も八丁手も八丁
    • ・苦しい時の神頼み
    • ・君子危うきに近寄らず
    • ・芸術は長く人生は短し
    • ・芸は身を助ける
    • ・怪我の功名
    • ・下駄を預ける
    • ・犬猿の仲
    • ・けんか両成敗
    • ・後悔先に立たず
    • ・孝行のしたい時分に親はなし
    • ・弘法筆を選ばず
    • ・弘法にも筆の誤り
    • ・紺屋の白ばかま
    • ・虎穴に入らずんば虎児を得ず
    • ・五十歩百歩
    • ・転ばぬ先の杖
    • ・転んでもただでは起きぬ
    • ・歳月人を待たず
    • ・先んずれば人を制す
    • ・猿も木から落ちる
    • ・去る者は日々にうとし
    • ・触らぬ神にたたりなし
    • ・三十六計逃げるにしかず
    • ・山椒は小粒でもぴりりと辛い
    • ・三度目の正直
    • ・三人寄れば文殊の知恵
    • ・三拍子そろう
    • ・親しき仲にも礼儀あり
    • ・失敗は成功のもと
    • ・しびれを切らす
    • ・蛇の道は蛇
    • ・蛇は寸にして人を呑む
    • ・十人十色
    • ・重箱の隅をようじでほじくる
    • ・朱に交われば赤くなる
    • ・正直は一生の宝
    • ・少年老い易く学成り難し
    • ・初心忘るべからず
    • ・白羽の矢が立つ
    • ・人事を尽くして天命を待つ
    • ・心頭滅却すれば火もまた涼し
    • ・酸いも甘いも嚙み分ける
    • ・過ぎたるは及ばざるがごとし
    • ・雀百まで踊り忘れず
    • ・捨てる神あれば拾う神あり
    • ・すべての道はローマに通ず
    • ・住めば都
    • ・青雲のこころざし
    • ・清濁併せ呑む
    • ・急いては事を仕損じる
    • ・青天のへきれき
    • ・背に腹は代えられぬ
    • ・船頭多くして船山に登る
    • ・前門の虎後門の狼
    • ・千里の道も一歩より
    • ・袖振りあうも多生の縁
    • ・備えあればうれいなし
    • ・損して得とれ
    • ・対岸の火事
    • ・大は小を兼ねる
    • ・宝の持ち腐れ
    • ・叩けば埃が出る
    • ・畳の上の水練
    • ・立っている者は親でも使え
    • ・立つ鳥跡をにごさず
    • ・立て板に水
    • ・たで食う虫も好き好き
    • ・棚からぼたもち
    • ・旅の恥はかき捨て
    • ・旅は道連れ世は情け
    • ・短気は損気
    • ・血の気が多い
    • ・ちりも積もれば山となる
    • ・沈黙は金雄弁は銀
    • ・月とすっぽん
    • ・月にむら雲花に風
    • ・月夜にちょうちん
    • ・つめに火を灯す
    • ・つめのあかをせんじて飲む
    • ・釣り落とした魚は大きい
    • ・鶴の一声
    • ・鉄は熱いうちに打て
    • ・鉄砲玉の使い
    • ・手前みそ
    • ・出る抗は打たれる
    • ・天災は忘れたころにやってくる
    • ・天に向かってつばを吐く
    • ・灯台下暗し
    • ・同病相あわれむ
    • ・遠くの親類より近くの他人
    • ・時は金なり
    • ・読書百ぺん意自ずから通ず
    • ・毒にも薬にもならぬ
    • ・所変われば品変わる
    • ・年寄りの冷や水
    • ・隣の花は赤い
    • ・飛ぶ鳥を落とす勢い
    • ・捕らぬ狸の皮算用
    • ・虎の威を借る狐
    • ・泥棒を捕らえて縄をなう
    • ・どんぐりの背比べ
    • ・飛んで火に入る夏の虫
    • ・とんびに油揚げをさらわれる
    • ・ない袖は振れぬ
    • ・長い物には巻かれろ
    • ・長口上はあくびの種
    • ・なくて七くせあって四十八くせ
    • ・情けは人のためならず
    • ・七転び八起き
    • ・怠け者の節句働き
    • ・生兵法は大けがのもと
    • ・ならぬ堪忍するが堪忍
    • ・二階から目薬
    • ・苦虫をかみつぶしたよう
    • ・憎まれっ子世にはばかる
    • ・西から日が出る
    • ・錦を着て故郷に帰る
    • ・二足のわらじをはく
    • ・煮ても焼いても食えない
    • ・二度あることは三度ある
    • ・二兎を追うものは一兎をも得ず
    • ・ぬかに釘
    • ・濡れ手であわ
    • ・猫にかつおぶし
    • ・猫に小判
    • ・猫の目のように変わる
    • ・猫ばばを決めこむ
    • ・寝た子を起こす
    • ・寝耳に水
    • ・能ある鷹はつめを隠す
    • ・残り物には福がある
    • ・喉から手が出る
    • ・喉もと過ぎれば熱さを忘れる
    • ・のれんに腕押し
    • ・馬脚をあらわす
    • ・化けの皮がはがれる
    • ・はしにも棒にもかからぬ
    • ・話し上手は聞き上手
    • ・花より団子
    • ・早起きは三文の徳
    • ・腹が減っては戦ができぬ
    • ・腹八分に医者いらず
    • ・針の穴から天をのぞく
    • ・ひいきの引き倒し
    • ・ひさしを貸して母屋を取られる
    • ・人の噂も七十五日
    • ・人のふり見て我がふり直せ
    • ・人のふんどしで相撲を取る
    • ・人を見たら泥棒と思え
    • ・火に油を注ぐ
    • ・火のない所に煙は立たぬ
    • ・百聞は一見にしかず
    • ・ひょうたんから駒
    • ・風前の灯し火
    • ・笛吹けど踊らず
    • ・覆水盆に返らず
    • ・武士は食わねど高ようじ
    • ・へそが茶を沸かす
    • ・下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる
    • ・下手の横好き
    • ・坊主憎けりゃ袈裟まで憎い
    • ・仏の顔も三度
    • ・まかぬ種は生えぬ
    • ・枕を高くして寝る
    • ・負けるが勝ち
    • ・待てば海路の日和あり
    • ・まな板の鯉
    • ・ミイラ取りがミイラになる
    • ・身から出たさび
    • ・水清ければ魚すまず
    • ・水と油
    • ・三日坊主
    • ・三つ子の魂百まで
    • ・実るほど頭の下がる稲穂かも
    • ・昔取った杵づか
    • ・無理が通れば道理引っ込む
    • ・目から鼻へ抜ける
    • ・目くそ鼻くそを笑う
    • ・目の上のたんこぶ
    • ・目は口ほどに物を言う
    • ・目を皿のようにする
    • ・餅は餅屋
    • ・元の木阿弥
    • ・物言わぬは腹ふくる
    • ・物も言いようで角が立つ
    • ・桃栗三年柿八年
    • ・門前の小僧習わぬ経を読む
    • ・焼け石に水
    • ・安物買いの銭失い
    • ・柳の下のどじょう
    • ・やぶをつついて蛇を出す
    • ・病は気から
    • ・山高きが故に貴からず
    • ・幽霊の正体見たり枯れ尾花
    • ・寄らば大樹の陰
    • ・弱り目にたたり目
    • ・楽あれば苦あり
    • ・李下に冠を正さず
    • ・両手に花
    • ・良薬は口に苦し
    • ・論語読みの論語知らず
    • ・論より証拠
    • ・我が身をつねって人の痛さを知れ
    • ・わざわい転じて福となす
    • ・渡る世間に鬼はない
    • ・笑う門には福来る
  • 著者紹介

国語・日本語 ランキング

国語・日本語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む