サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

目次

ネットワーク・大衆・マーケット 現代社会の複雑な連結性についての推論

ネットワーク・大衆・マーケット 現代社会の複雑な連結性についての推論

  • David Easley(著)/ Jon Kleinberg(著)/ 浅野 孝夫(訳)/ 浅野 泰仁(訳)
  • 第1章 本書の概観
    • 1.1 ネットワークの景観
    • 1.2 中心的なテーマとトピック
  • 第Ⅰ部 グラフ理論とソーシャルネットワーク
  • 第2章 グラフ
    • 2.1 基本的な定義
    • 2.2 パスと連結性
    • 2.3 距離と幅優先探索
    • 2.4 ネットワークデータ集合:概観
    • 2.5 演習問題
  • 第3章 強い絆と弱い絆
    • 3.1 三者閉包
    • 3.2 弱い絆の強さ
    • 3.3 大規模なデータ集合における絆の強さとネットワークの構造
    • 3.4 絆の強さとソーシャルメディアと受動的参加
    • 3.5 閉包と構造的空洞と社会的資本
    • 3.6 発展:仲介数とグラフ分割
    • 3.7 演習問題
  • 第4章 周囲環境を考慮したネットワーク
    • 4.1 同種親和性
    • 4.2 同種親和性に横たわるメカニズム:選択と社会的影響
    • 4.3 所属構造
    • 4.4 オンラインデータにおけるリンク形成の追跡
    • 4.5 分離形成の空間的モデル
    • 4.6 演習問題
  • 第5章 正の関係と負の関係
    • 5.1 構造的平衡性
    • 5.2 平衡的ネットワーク構造の特徴付け
    • 5.3 構造的平衡性の応用
    • 5.4 弱い形式の構造的平衡性
    • 5.5 発展:構造的平衡性の定義の一般化
    • 5.6 演習問題
  • 第Ⅱ部 ゲーム理論
  • 第6章 ゲーム
    • 6.1 ゲームとは
    • 6.2 ゲームにおける行動についての推論
    • 6.3 最善反応と支配戦略
    • 6.4 ナッシュ均衡
    • 6.5 複数の均衡:協調ゲーム
    • 6.6 複数の均衡:鷹と鳩のゲーム
    • 6.7 混合戦略
    • 6.8 混合戦略:例と実験的分析
    • 6.9 パレート最適性と社会的最適性
    • 6.10 発展:被支配戦略と動的ゲーム
    • 6.11 演習問題
  • 第7章 進化論的ゲーム理論
    • 7.1 相互作用の結果としての適合性
    • 7.2 進化論的安定戦略
    • 7.3 進化論的安定戦略の一般的記述
    • 7.4 進化論的安定性とナッシュ均衡の関係
    • 7.5 進化論的に安定な混合戦略
    • 7.6 演習問題
  • 第8章 ゲーム理論によるネットワークトラフィックのモデリング
    • 8.1 均衡におけるトラフィック
    • 8.2 プレイスのパラドックス
    • 8.3 発展:均衡におけるトラフィックの社会的コスト
    • 8.4 演習問題
  • 第9章 オークション
    • 9.1 オークションの種類
    • 9.2 オークションが適切なときとは?
    • 9.3 様々な形式のオークション間の関係
    • 9.4 第二価格入札オークション
    • 9.5 第一価格入札オークションと他の形式のオークション
    • 9.6 共通価値と勝者の呪い
    • 9.7 発展:第一価格入札オークションと全額支払いオークションでの入札戦略
    • 9.8 演習問題
  • 第Ⅲ部 マーケットとネットワークにおける戦略的相互作用
  • 第10章 マッチングマーケット
    • 10.1 二部グラフと完全マッチング
    • 10.2 価値評価と最適割当て
    • 10.3 価格とマーケット完売性
    • 10.4 マーケット完売価格の集合の構成
    • 10.5 単一商品オークションとの関係
    • 10.6 発展:マッチング定理の証明
    • 10.7 演習問題
  • 第11章 仲介が存在するマーケットのネットワークモデル
    • 11.1 マーケットにおける価格設定
    • 11.2 ネットワーク上での取引モデル
    • 11.3 取引ネットワークにおける均衡
    • 11.4 さらなる均衡現象:オークションと波及効果
    • 11.5 取引ネットワークにおける社会的幸福
    • 11.6 取引者の利得
    • 11.7 仲介が存在する取引についてのまとめ
    • 11.8 演習問題
  • 第12章 ネットワークにおける交渉とパワー
    • 12.1 ソーシャルネットワークにおけるパワー
    • 12.2 パワーと交換の実験的研究
    • 12.3 ネットワーク交換の実験結果
    • 12.4 販売人と購買人からなるネットワークと交換ネットワークとの関係
    • 12.5 2人相互作用のモデリング:ナッシュ交渉解
    • 12.6 2人相互作用のモデリング:最終提案ゲーム
    • 12.7 ネットワーク配分のモデリング:安定結果
    • 12.8 ネットワーク配分のモデリング:平衝的な結果
    • 12.9 発展:交渉へのゲーム理論的アプローチ
    • 12.10 演習問題
  • 第Ⅳ部 情報ネットワークとワールドワイドウェブ
  • 第13章 ウェブの構造
    • 13.1 ウェブ
    • 13.2 情報ネットワークとハイパーテキストと連想記憶
    • 13.3 有向グラフとしてのウェブ
    • 13.4 ウェブの蝶ネクタイ構造
    • 13.5 Web2.0の出現
    • 13.6 演習問題
  • 第14章 リンク解析とウェブ検索
    • 14.1 ウェブの検索:ランク付け問題
    • 14.2 ハブとオーソリティを用いたリンク解析
    • 14.3 PageRank
    • 14.4 現代のウェブ検索におけるリンク解析の応用
    • 14.5 ウェブを超えた応用
    • 14.6 発展:スペクトル解析・ランダムウォーク・ウェブ検索
    • 14.7 演習問題
  • 第15章 スポンサー付き検索のマーケット
    • 15.1 検索行動に結びつけられた広告
    • 15.2 マッチングマーケットとしての広告
    • 15.3 マッチングマーケットにおける真の評価の入札の推奨:VCG原理
    • 15.4 VCGメカニズムの解析:支配戦略としての真の申告
    • 15.5 一般化第二価格入札オークション
    • 15.6 一般化第二価格入札オークションの均衡
    • 15.7 広告の品質
    • 15.8 複合的クエリーとキーワード間の相互作用
    • 15.9 発展:VCG価格とマーケット完売性
    • 15.10 演習問題
  • 第Ⅴ部 ネットワークダイナミクス:集団モデル
  • 第16章 情報カスケード
    • 16.1 群衆化
    • 16.2 単純なカスケード実験
    • 16.3 ベイズの法則:不確実性のもとでの意思決定モデル
    • 16.4 情報カスケードの実験におけるベイズの法則
    • 16.5 カスケードの単純な一般的モデル
    • 16.6 逐次意思決定とカスケード
    • 16.7 カスケードからの教訓
    • 16.8 演習問題
  • 第17章 ネットワーク効果
    • 17.1 ネットワーク効果がない経済
    • 17.2 ネットワーク効果があるときの経済
    • 17.3 安定性・不安定性・転換点
    • 17.4 マーケットの動的な景観
    • 17.5 ネットワーク効果を持つ商品の販売企業
    • 17.6 個人的効果と集団レベルの効果の混合
    • 17.7 発展:負の外部性とエルファロルバー問題
    • 17.8 演習問題
  • 第18章 べき乗則と富めるものがますます富む現象
    • 18.1 ネットワーク現象としての人気
    • 18.2 べき乗則
    • 18.3 富めるものがますます富むモデル
    • 18.4 富めるものがますます富む効果の予測不可能性
    • 18.5 ロングテール現象
    • 18.6 検索ツールと推薦システムの効果
    • 18.7 発展:富めるものがますます富むプロセスの解析
    • 18.8 演習問題
  • 第Ⅵ部 ネットワークダイナミクス:構造的モデル
  • 第19章 ネットワークにおけるカスケード行動
    • 19.1 ネットワークでの拡散
    • 19.2 ネットワークを介する普及のモデル化
    • 19.3 カスケードとクラスター
    • 19.4 普及としきい値と弱い絆の役割
    • 19.5 カスケードの基本モデルの一般化
    • 19.6 知識としきい値と集団活動
    • 19.7 発展:カスケード容量
    • 19.8 演習問題
  • 第20章 スモールワールド現象
    • 20.1 6次の隔たり
    • 20.2 構造とランダム性
    • 20.3 分散化検索
    • 20.4 分散化検索のプロセスのモデル化
    • 20.5 実験的解析と一般化モデル
    • 20.6 分散化検索における核−周辺構造と困難性
    • 20.7 発展:分散化検索の解析
    • 20.8 演習問題
  • 第21章 伝染病
    • 21.1 病気の感染ネットワーク
    • 21.2 分枝プロセス
    • 21.3 SIR感染モデル
    • 21.4 SIS感染モデル
    • 21.5 同期性
    • 21.6 一時的な接触と同時並行性の危険
    • 21.7 系図学と遺伝子継承とミトコンドリアイブ
    • 21.8 発展:分枝プロセスと併合プロセスの解析
    • 21.9 演習問題
  • 第Ⅶ部 制度と集約行動
  • 第22章 マーケットと情報
    • 22.1 外生的な事象のマーケット
    • 22.2 競馬と賭博と確信
    • 22.3 集約化された確信と“大衆の知恵”
    • 22.4 予測マーケットと株式市場
    • 22.5 内生的な事象のマーケット
    • 22.6 ポンコツ車のマーケット
    • 22.7 他のマーケットにおける非対称的な情報
    • 22.8 品質を知らせるシグナル
    • 22.9 不確定性のあるオンラインでの品質:評判システムと他のメカニズム
    • 22.10 発展:マーケットにおける財のダイナミクス
    • 22.11 演習問題
  • 第23章 投票
    • 23.1 グループの意思決定のための投票
    • 23.2 個人の選好
    • 23.3 投票システム:多数決ルール
    • 23.4 投票システム:順位投票
    • 23.5 アローの不可能性定理
    • 23.6 単峰型選好と中位投票者定理
    • 23.7 情報集約の一形式としての投票
    • 23.8 情報集約に対する不誠実投票
    • 23.9 陪審判決と全員一致ルール
    • 23.10 逐次投票と情報カスケードとの関係
    • 23.11 発展:アローの不可能性定理の証明
    • 23.12 演習問題
  • 第24章 財産権
    • 24.1 外部性とコースの定理
    • 24.2 共有地の悲劇
    • 24.3 知的財産
    • 24.4 演習問題