サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

  • 横井小楠の弟子たち
  • 明治初期における中央と地方
    • 一 横井小楠とその弟子たち
    • 二 藩政改革
    • 三 県民会
    • 四 自由民権運動
  • 牛嶋五一郎
    • はしがき
    • 一 略歴
    • 二 幕府の対外交渉を批判する
    • 三 小楠の士道忘却事件を報ずる
    • 四 横浜鎖港問題で幕府混乱の状況を報告する
    • 五 肥後藩海軍の起り
    • 六 肥後藩副役奉行となる
    • 七 肥後藩軍船主任を命ぜられる
    • 八 龍驤艦長となる
    • 結語
  • 荘村助右衛門
  • 徳富一敬
    • はしがき
    • 一 一敬の青少年時代
    • 二 一敬小楠堂に入る
    • 三 一敬の役職時代
    • 四 一敬の探索行
    • 五 一敬の政治活動
  • 〈補1〉徳富一敬の研究
  • 内藤泰吉
    • はじめに
    • 一 南関時代
    • 二 西洋医学を学ぶ
    • 三 小楠を開国に転ず
    • 四 長崎遊学
    • 五 文久二年小楠に近侍
    • 六 外様御医師御雇となる
    • 七 長崎再遊学
    • 終わりに
  • 河瀬典次
    • 一 父河瀬安兵衛のこと
    • 二 小楠随順の時代
    • 三 殖産興業に尽す
    • 四 実業界における社会的活動
  • 山田武甫
    • はしがき
    • 一 修学時代
    • 二 肥後藩士時代
    • 三 熊本藩藩政改革
    • 四 敦賀権令時代
    • 五 自由民権運動時代
    • 結び
  • 〈補2〉『海西日報』の発刊事情
    • はじめに
    • 一 新聞発刊への動機
    • 二 新聞発刊の問題点
    • 三 山田の募金行脚
    • 四 新聞発刊難航す
    • 五 『海西日報』発刊
    • むすびに
  • 〈補3〉大同団結運動と熊本改進党
    • はしがき
    • 一 旧九州改進党親睦会を開く
    • 二 大同団結運動起る
    • 三 大同団結運動と徳富蘇峰
    • 四 紫溟会の反応
    • 五 旧九州改進党と大同団結運動
    • むすび
  • 嘉悦氏房
    • はしがき
    • 一 生いたち
    • 二 小楠塾に入る
    • 三 副使として薩藩へ差遣される
    • 四 参予会議当時の状況を報ずる
    • 五 第一回長州征討のために肥薩連合の策を講ずる
    • 六 在国社友に水藩脱徒の動静等を報ず
    • 七 第一次征長後の様子を報ずる
    • 八 第二次征長に反対する
    • 九 肥後征討を鎮める
    • 一〇 官途につく
    • 一一 実学党政権に就く
    • 一二 広取学校を開校する
    • 一三 共立学舎を創立
    • むすび
  • 安場保和
    • はしがき
    • 一 小楠塾に入る
    • 二 小楠に随って福井へ行く
    • 三 新政府に仕える
    • 四 胆沢県大参事となる
    • 五 実学党政権に参加する
    • 六 自由民権運動に対決する
    • あとがき
  • 熊本実学派列伝
    • 横井小楠門下生列伝
    • 一 江口栄次郎
    • 二 不破敬之助・源次郎
    • 三 中西純一
    • 四 内野健次
    • 五 上塚実勝
    • 六 西田八左衛門
    • 七 永嶺仁十郎
    • 八 神足十郎助
    • 九 野中宗育
    • 一〇 伊藤某
    • 一一 安藤弥太
    • 一二 三村市彦
    • 一三 馬淵慎助
    • 一四 原田作助
    • あとがき
  • 近代的教養の成立
    • はじめに
    • 一 家庭における読書
    • 二 元田塾時代の読書
    • 三 兼坂塾時代の読書
    • 四 熊本洋学校時代の読書
    • 五 同志社時代の読書
    • 六 大江義塾時代の読書
    • 結論にかえて