サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 法学と実務の科学化、客観化
  • 第一章 方法と視点
    • Ⅰ プラグマティズム、存在被拘束性、方法の転用
    • Ⅱ 民事訴訟のリアリズムとロマンティシズム、当為と存在
    • Ⅲ そのほかの方法、視点
  • 第二章 法学と実務の統合、科学化、客観化
    • Ⅰ 民事訴訟法学と民事訴訟実務
    • Ⅱ 概念的性格から機能的・実証的性格へ
    • Ⅲ 法学と実務の科学化、客観化、批評的視点と内省によるその相対化
  • 第三章 人間
    • Ⅰ 生物学
    • Ⅱ 脳神経科学
    • Ⅲ 精神医学、臨床心理学等
    • Ⅳ まとめと考察
  • 第四章 制度利用者、国民性と民事訴訟
    • Ⅰ 日本という風土と民事訴訟
    • Ⅱ 事件分析−日本の民事訴訟に特有の傾向
    • Ⅲ 当事者学と予防法学(法教育)
    • Ⅳ 民事訴訟の目的、手続保障論の意味、当事者の満足、事実と真実へのこだわり
    • Ⅴ 民事訴訟に関する幻想とこれに対する期待、メディアのあり方とこれに関連する裁判所、弁護士会の姿勢
    • Ⅵ 市民の司法参加、制度改革
  • 第五章 裁判官と弁護士
    • Ⅰ はじめに
    • Ⅱ 裁判官と裁判官制度
    • Ⅲ 弁護士と弁護士制度
  • 第六章 法学と法学教育
    • Ⅰ 法学のあり方
    • Ⅱ 法学教育と法曹養成
  • 第七章 民事訴訟手続総論(主として理論面)
  • 第八章 民事訴訟手続各論(主として実務面)
  • 終章 宇宙船の窓辺から

司法・裁判・訴訟法 ランキング

司法・裁判・訴訟法のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む