サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 序章 本書の目的と構成
    • 一 何が必要なのか
    • 二 本書の構成
  • 第一章 中絶権に関する米国連邦最高裁判例の展開
    • 一 憲法上のプライヴァシー権としての中絶権の承認
    • 二 ポスト・ロー判決の展開
    • 三 憲法上の権利としての中絶権と妊娠(中絶)に対する二つの見方
  • 第二章 中絶権の再定位
    • 一 中絶権に関する従来の学説
    • 二 ドゥオーキンの見解
    • 三 ルーベンフェルドの見解
    • 四 コーネルの見解
    • 五 中絶権の積極的な権利としての側面の保障
  • 第三章 中絶権とプライヴァシー権概念との関係
    • 一 プライヴァシー権の概念化に関する問題
    • 二 プライヴァシー権の概念化に関する従来の学説とその批判的考察
    • 三 プライヴァシー権の概念化に関する新たなアプローチ
    • 四 プライヴァシー権としての中絶権
  • 第四章 中絶権の新たな構成
    • 一 身体的統合性への権利としての中絶権
    • 二 プライヴァシー権における中絶権の位置づけ
    • 三 胎児の生命保護の問題
    • 四 中絶権と胎児の生命尊重との両立を目指して
  • 終章 本章の結論と今後の検討課題
  • 補論 プライヴァシー権の概念化にあたっての女性のイメージ
    • 一 カイロ判決と「入浴する淑女(lady)」のメタファ
    • 二 ランドルフ判決と「家庭での淑女(lady)」および「虐待される女性」のメタファ
    • 三 プライヴァシー権の概念化の前提としての事実の解釈と女性のイメージ
    • 四 女性を抑圧するものから、女性を解放するプライヴァシー権概念へ