サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

目次

社会福祉・介護福祉の質的研究法 実践者のための現場研究

社会福祉・介護福祉の質的研究法 実践者のための現場研究

  • 田中 千枝子(編集代表)/ 日本福祉大学大学院質的研究会(編集)
  • 第Ⅰ章 現場研究と質的研究法
    • 現場研究の楽しさ
    • 質的研究法による楽しみ方
    • 研究例 エキスパート・ソーシャルワーカーの倫理的課題の発見と対処方法に関する研究
    • 質的研究で現場を研究してみましょう
    • コラム1 「エピソードと出会う眼と耳」
  • 第Ⅱ章 質的研究を始める
    • |1|質的研究のプロセス
    • |2|研究を支える5つのコミュニケーション
    • 自分自身との対話
    • 教員や研究仲間との対話
    • 文献との対話
    • 研究協力者との対話
    • 研究発表の聞き手などとの対話
    • |3|研究テーマの設定
    • 研究の問いを立てる
    • 予備的フィールドワークを行う
    • 文献検討を行う
    • コラム2 「PCやITの活用」
    • |4|研究計画を立てる
    • 研究デザインを描く
    • 研究計画書を書く
    • |5|倫理的配慮
    • インフォームド・コンセント
    • プライバシー保護と個人情報保護
    • 論文作成上の留意点
    • 研究の客観性
    • 倫理審査委員会の審査を受ける
    • 倫理審査委員会などがない場合
    • インタビューと倫理的配慮(事例)
    • コラム3 「さらなる調査の広がり」
  • 第Ⅲ章 質的研究を進める
    • |1|フィールドワーク1:参与観察
    • 観察とは
    • 観察者としてのポジション
    • フィールドへのアクセス
    • 観察の方法
    • フィールドノーツの作成
    • 観察データの解釈
    • コラム4 「分析を始める前に」
    • |2|フィールドワーク2:インタビュー
    • インタビューの基本姿勢
    • インタビュイーへのアクセス
    • インタビューの方法
    • データ分析の前に(データの分析および解釈と統合)
    • データの分析と解釈
    • コラム5 「研究ノート」
    • コラム6 「Narrative Research 1 全体の内容に視点をおいた読み込みを通じて,折り重なった物語を可視化する」
  • 第Ⅳ章 質的研究の実際
    • コラム7 「Narrative Research 2 全体の形状を意識した読み込み」
    • |1|カードワーク
    • コラム8 「帰納的思考と演繹的思考と閃き的思考の関係」
    • |2|修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ(M−GTA)
    • コラム9 「忘れやすい閃きを補う手立て」
    • |3|事例−コード・マトリックス
    • コラム10 「研究計画書と指導教官の問い」
    • |4|事例のメタ分析
    • コラム11 「質的研究と研究者の主観」
    • |5|エスノグラフィー
    • コラム12 「フィールドノーツ」
  • 第Ⅴ章 現場実践と質的研究
    • 現場実践と質的研究の意味
    • 現場研究と質的研究のプロセスで起こっていること
    • 実践のリアリティーと質的研究のフィット感
    • 現場研究における達成感と到達状況,今後の研究展望
    • まとめ