サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

目次

上代特殊仮名の本質音

上代特殊仮名の本質音

  • 坂田 隆(著)
  • 第一編 本質音と現象音
    • 第一部 音素・音素節と語素・語素熟合体
    • 第二部 語素・語素熟合体と潜化・顕存
    • 第三部 本質音と現象音
    • 第四部 「春雨」の「雨」はなぜ「さメ」と読まれるのか
  • 第二編 完母音素の潜化と顕存
    • 第一部 完母音素の潜化・顕存
    • 第二部 双挟潜化
    • 第三部 近畿語・東方語・九州語は対等
    • 第四部 東方語における完母音素の融合
  • 第三編 兼音素その一−普兼音素W−
  • 第四編 兼音素その二−通兼音素Y−
    • 第一部 通兼音素Y
    • 第二部 ヤ行で「え」段母音部を形成するYO
  • 第五編 「あ段」を形成する弱母音素∀
    • 第一部 弱母音素∀
    • 第二部 兼音素Yは「い甲」を形成する
    • 第三部 兼音素Wは「う」段を形成する
  • 第六編 兼音素その三−惑兼音素Ω−
  • 第七編 お甲・オ乙・お丙
    • 第一部 「お甲」は「オ乙」の長音
    • 第二部 双挟お甲丙
    • 第三部 ΩWを含む母音部は潜化することがある
    • 第四部 馬が上代語で「うま」「むま」になる理由
    • 第五部 意志助動詞「む・も」終止形MΩW
    • 第六部 助詞「ノ乙」・助詞「ロ乙」
    • 第七部 MM融合バ行父音
  • 第八編 兼音素その四−遊兼音素¥−
    • 第一部 東方語でヤ行を形成する¥
    • 第二部 遊兼音素¥
    • 第三部 ¥は「い甲」を形成する
    • 第四部 「船」「稲」「雨」「天」の第二音素節∀¥
  • 第九編 い甲・イ乙・い丙
    • 第一部 「瓊」が「ぬ」,「瓊瓊杵」が「ににき」と読まれる理由
    • 第二部 「月」第二音素節が「キ乙」にも「く」にもなる理由
    • 第三部 上代語だけで探る「神」第二音素節の本質音
    • 第四部 其・染む
    • 第五部 火
    • 第六部 「イ乙」は「い甲」の長音
    • 第七部 四活動詞は を介して助動詞「つ」に続く
    • 第八部 「あしひキ乙ノ」の「キ乙」はKI
  • 第十編 呼応潜顕
    • 第一部 呼応潜顕
    • 第二部 時を表す「う」の本質音Uと助詞「う」の本質音WΩW
    • 第三部 吾ゴおほきみ
  • 第十一編 四段活用動詞連用形の音便
    • 第一部 促音便
    • 第二部 撥音便
    • 第三部 い音便
  • 第十二編 え甲・エ乙・え丙
    • 第一部 準え
    • 第二部 母音部が準通準遊えである「え甲」段・「エ乙」段・「え丙」段
    • 第三部 「お甲」段から「エ乙」段や「え丙」段に遷移する音素節
    • 第四部 「え甲」は「エ乙」の長音
  • 第十三編 「石・磯」・「白」・「遠しロ乙し」
    • 第一部 石・磯
    • 第二部 しろ甲し・遠しロ乙し
  • 第十四編 上代九州語・上代東方語・古語・現代語
    • 第一部 上代九州語の存在
    • 第二部 助詞「に」および「虹」
    • 第三部 背・木・恋ヒし
    • 第四部 神・辺・神なビ乙
    • 第五部 上総語の助詞「ノみ甲」と正倉院仮名文書(甲)の「み甲な」(皆)
    • 第六部 上代特殊仮名遣が消滅する理由
  • 第十五編 四段活用動詞の活用
    • 第一部 「いづ」(出づ)・「かみ甲」(上)・「朝臣」・「み甲」(御)の「い」段 W
    • 第二部 四活動詞終止形を形成するのはW
  • 第十六編 上代語と日本古代史
    • 第一部 多利思北孤は「たらしひこ」と読めるのか
    • 第二部 隅田鏡銘文の男弟王と男大迹天皇
    • 第三部 獲加多支鹵大王は雄略天皇なのか