サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

分析化学

分析化学 (ベーシックマスター)

  • 蟻川 芳子(共編)/ 小熊 幸一(共編)/ 角田 欣一(共編)
  • 第1章 分析化学の目的
    • 1.1 分析化学とは
    • 1.2 定性分析と定量分析
    • 1.3 分析操作の流れ
    • 1.4 分析値の信頼性
    • 1.5 試料量および濃度による分析法の分類
  • 第2章 化学量論計算
    • 2.1 定量分析の基礎
    • 2.2 化学平衡の基礎
    • 2.3 容量分析の計算
    • 2.4 重量分析の計算
  • 第3章 酸塩基反応
    • 3.1 酸塩基理論
    • 3.2 水溶液中の酸塩基平衡
    • 3.3 pH
    • 3.4 弱酸と弱塩基
    • 3.5 緩衝液
    • 3.6 多塩基酸とその塩
  • 第4章 酸塩基滴定
    • 4.1 強酸と強塩基の滴定
    • 4.2 終点の検出:指示薬
    • 4.3 強塩基による弱酸の滴定
    • 4.4 強酸による弱塩基の滴定
    • 4.5 2塩基酸の滴定
    • 4.6 多塩基酸の滴定
    • 4.7 酸または塩基の混合物の滴定
  • 第5章 酸化還元反応と滴定
    • 5.1 酸化還元反応の化学量論
    • 5.2 反応の平衡定数の計算:当量点電位の計算
    • 5.3 酸化還元滴定曲線
    • 5.4 終点の目視検出:指示薬
    • 5.5 酸化還元滴定
  • 第6章 錯生成反応と滴定
    • 6.1 錯体と生成定数:錯体の安定性
    • 6.2 キレート化合物:EDTAと金属イオンとの反応
    • 6.3 金属イオンのキレート滴定:滴定曲線
    • 6.4 終点の検出:指示薬
    • 6.5 錯生成反応のその他の利用
  • 第7章 沈殿反応と滴定
    • 7.1 沈殿平衡と溶解度積
    • 7.2 溶解度に対する共存イオン効果−溶解度積と活量係数−
    • 7.3 沈殿の溶解度に対する酸性度の影響
    • 7.4 溶解度に対する錯形成反応の影響
    • 7.5 沈殿滴定
  • 第8章 重量分析
    • 8.1 重量分析の種類と手順
    • 8.2 重量分析の計算
    • 8.3 沈殿の生成と汚染
    • 8.4 均一沈殿法
    • 8.5 重量分析の例
  • 第9章 溶媒抽出と固相抽出
    • 9.1 二相を用いる物質分離
    • 9.2 溶媒抽出
    • 9.3 固相抽出
  • 第10章 電極電位と電位差測定
    • 10.1 電極,電極反応,電極電位
    • 10.2 電極電位の測定
    • 10.3 Nernst式
    • 10.4 酸化還元電極
    • 10.5 金属|金属イオン電極
    • 10.6 金属|難溶性塩電極
    • 10.7 平衡電位と混成電位
    • 10.8 液絡と液間電位差
    • 10.9 膜電位とイオン選択性電極
    • 10.10 ポテンショメトリーの実例1:pHの測定
    • 10.11 ポテンショメトリーの実例2:電位差滴定
  • 第11章 電気化学分析法
    • 11.1 電気分解の基礎
    • 11.2 コンダクトメトリー
    • 11.3 クーロメトリー
    • 11.4 ボルタンメトリー
  • 第12章 分光化学分析法
    • 12.1 電磁波と物質の相互作用
    • 12.2 電子スペクトルと分子構造
    • 12.3 ランバート−ベールの法則
    • 12.4 赤外吸収と分子構造
    • 12.5 分光分析装置−装置の種類−
    • 12.6 蛍光分光分析法
  • 第13章 原子スペクトル分析法
    • 13.1 フレーム発光分析法
    • 13.2 原子吸光分析法
    • 13.3 ICP発光分析法
    • 13.4 ICP質量分析法
  • 第14章 質量分析
    • 14.1 装置
    • 14.2 イオン化法
    • 14.3 試料導入部
    • 14.4 質量分析部
    • 14.5 検出器
    • 14.6 マススペクトルの解析
  • 第15章 クロマトグラフィー
    • 15.1 クロマトグラフィー分離と原理
    • 15.2 クロマトグラフィー技術の分類
    • 15.3 クロマトグラフィーにおけるカラム効率の理論
  • 第16章 ガスクロマトグラフィー
    • 16.1 ガスクロマトグラフィーの装置
    • 16.2 ガスクロマトグラフィーの操作
    • 16.3 ガスクロマトグラフィーの特殊技術
    • 16.4 ガスクロマトグラフィー−質量分析法
  • 第17章 液体クロマトグラフィーと電気泳動
    • 17.1 高速液体クロマトグラフィー
    • 17.2 電気泳動法
  • 第18章 局所分析−顕微分析・表面分析−
    • 18.1 各種局所分析法
    • 18.2 光学顕微鏡
    • 18.3 電子顕微鏡
    • 18.4 走査プローブ顕微鏡
    • 18.5 二次イオン質量分析法
  • 第19章 構造分析法
    • 19.1 X線回折法
    • 19.2 中性子回折法
    • 19.3 電子線回折法
  • 第20章 熱分析法
    • 20.1 熱分析
    • 20.2 熱重量測定
    • 20.3 示差熱分析・示差走査熱量測定
  • 第21章 生物学的分析法
    • 21.1 DNA配列解析
    • 21.2 SNP解析
    • 21.3 ゲノミクスとプロテオミクス
    • 21.4 イムノアッセイの原理と測定法
  • 第22章 分析値の評価
    • 22.1 精確さと不確かさ
    • 22.2 トレーサビリティ
    • 22.3 誤差−確定誤差・不確定誤差−
    • 22.4 有効数字
    • 22.5 四捨五入
    • 22.6 標準偏差
    • 22.7 信頼限界
    • 22.8 有意差検定
    • 22.9 結果の棄却
    • 22.10 線形最小二乗法
    • 22.11 相関係数
    • 22.12 検出限界
    • 22.13 標準物質
  • 付録
    • 付録A 化学基礎数値表
    • 付録B 実験器具
    • 付録C 実験室の安全