サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

新美南吉童話の読み方

新美南吉童話の読み方

  • 西田谷 洋(著)
  • Ⅰ 媒介するイメージ
    • 抒情のレトリック−幼年童話
    • 聴覚の優位−「のら犬」
    • 表象の両義性−「正坊とクロ」
    • 接続の媒介者−「うた時計」
  • Ⅱ 反転・葛藤する主体
    • 反転のコンストラクション−「久助君の話」
    • イメージの運命−「川」
    • 噓と同質性−「噓」
    • 行為と主体−「耳」
  • Ⅲ 挫折する主体化
    • 抑圧される主体化−「ごん狐」
    • 母性という従属化−「手袋を買いに」
    • 行為と本質のアレゴリー−「花のき村と盗人たち」
    • 恋愛の不可能性−「花を埋める」
    • 例外状態をもたらすもの−「屁」
  • Ⅳ 近代化とアレゴリー
    • 禁止される退行−「小さい太郎の悲しみ」
    • 共同体に抗する個人−「狐」
    • 価値のアイロニー−「最後の胡弓弾き」
    • 崇高の位置−「百姓の足、坊さんの足」
  • Ⅴ 戦争と共同体
    • モダニズムのファミリー・ロマンス−「おじいさんのランプ」
    • 想像の共同体−「ごんごろ鐘」
    • 報国のアレゴリー−「牛をつないだ椿の木」
    • 解釈/創造される超常性−「和太郎さんと牛」
    • 統合と障壁−「疣」

児童文学研究・児童文学作家論 ランキング

児童文学研究・児童文学作家論のランキングをご紹介します一覧を見る