サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 閑吟集評釈の方向
  • 中世歌謡評釈 閑吟集開花
    • 凡例『閑吟集』略称一覧
    • 一 開巻の挨拶
    • 二 中世の祝言歌謡
    • 三 早春の吉野
    • 四 小松を引く
    • 五 梅花と月
    • 六 虚 うそ
    • 七 鞍馬天狗
    • 八 吉野川の花筏
    • 九 再びうそ
    • 十 おもしろの花の都や
    • 十一 早歌の小歌
    • 十二 しばしは吹いて松の風
    • 十三 西施
    • 十四 散れかし口と花心
    • 十五 顕われた恋
    • 十六 茶の文化にまつわる小歌
    • 十七 面影小歌
    • 十八 梨花一枝
    • 十九 小歌と風流踊歌
    • 二十 見る、ということ
    • 二十一 誉田八幡宮若宮祭
    • 二十二 たたら歌
    • 二十三 ちろりちろり
    • 二十四 なにともなやなう
    • 二十五 夢幻
    • 二十六 今を諦観して唱える
    • 二十七 くすむ人
    • 二十八 ただ狂へ
    • 二十九 早歌から小歌へ
    • 三十 蛍と蟬
    • 三十一 物語を小歌で截る
    • 三十二 水車のある風景
    • 三十三 「おもしろや」の小歌
    • 三十四 夕顔
    • 三十五 軒端の瓢簞
    • 三十六 恋ほどの重荷あらじ
    • 三十七 庭の夏草
    • 三十八 何をおしやるぞせはせはと
    • 三十九 思う小歌
    • 四十 寒竈に煙絶えて
    • 四十一 扇の陰の目線
    • 四十二 秋の初風 槿の花の上なる露
    • 四十三 虫の声で、戸外の秋風を知る
    • 四十四 月入斜窓暁寺鐘
    • 四十五 寒潮、月を吹く
    • 四十六 木幡・伏見
    • 四十七 薫物・夕月・貴公子
    • 四十八 人は情
    • 四十九 中世における海洋海辺の風景を辿る
    • 五十 片し貝
    • 五十一 汀の浪の夜の潮
    • 五十二 歌えや歌え
    • 五十三 近江舟・鳴門舟 そして人買船
    • 五十四 船乗りと阿波の若衆
    • 五十五 港町の風景
    • 五十六 恋しの昔や 恨みながら恋しや
    • 五十七 笠
    • 五十八 時雨降るころ
    • 五十九 名残惜しさに
    • 六十 晩秋・朝霧・鹿の一声
    • 六十一 枕をうたう小歌群
    • 六十二 人生の真実と教訓
    • 六十三 秋の枕
    • 六十四 枕と一節切の尺八
    • 六十五 枕にほろほろほろ
    • 六十六 逢はねば咫尺も千里
    • 六十七 南陽県の菊の酒
    • 六十八 逆さうた
    • 六十九 赤きは酒の咎ぞ
    • 七十 思い醒ませば夢ぞろよ
    • 七十一 霜の白菊
    • 七十二 霜夜の【コ】山の月
    • 七十三 名作、温庭筠「商山早行」
    • 七十四 湊の川
    • 七十五 馴るるや恨みなるらん
    • 七十六 湊河が細る
    • 七十七 あら恋しの昔や
    • 七十八 烏
    • 七十九 吹上の真砂の数
    • 八十 世間は、笹の葉に霰
    • 八十一 空行く雲の速さよ
    • 八十二 田子の浦波
    • 八十三 石の下の蛤
    • 八十四 弓をうたう小歌群
    • 八十五 巫呪の庭
    • 八十六 貴公子の恋のしのび
    • 八十七 柴垣を打つ
    • 八十八 縹の帯
    • 八十九 雪・犬飼星
    • 九十 大舎人の孫三郎
    • 九十一 堅田の網漁
    • 九十二 評判の美女をうたう
    • 九十三 髪の神秘
    • 九十四 つぼいなう青裳
    • 九十五 あまり見たさに
    • 九十六 我は讃岐の鶴羽の者
    • 九十七 あの志賀の山越え
    • 九十八 人は何とも岩間の水候よ 九十九 酒盛のさわぎ歌 百 花籠に月、そして浮名
  • 『閑吟集』真名序・仮名序 口語訳・注
  • 『閑吟集』全歌一覧
  • 『閑吟集』初句索引
  • 主要引用文献一覧
  • (参照)著者研究書・研究論文一覧
  • 『中世歌謡評釈閑吟集開花』の要旨
    • 日本語
    • 英語
    • 中国語
    • 韓国語