サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 序論
    • 第1章 「手話・口話論争」から日本手話の是非をめぐる議論へ
    • 第2章 手話をめぐるディスコースの応酬に関する方法論的検討
    • 第3章 本研究の目的
    • 第4章 本研究の方法
  • 本論
  • 第1部 「手話」の社会的構成に関する分析
    • 第1章 聾をめぐるディスコース空間−聾者・聴者間の文化的コンフリクト−
    • 第2章 会話場面にみる聾者と聴者の関係性の検討
  • 第2部 「聾教育」というディスコース空間
    • 第1章 「手話・口話論争」の構造的把握
    • 第2章 聾学校というディスコース空間
    • 第3章 指導法におけるクレイムの方向性に関する分析
  • 第3部 言語獲得期における手話の使用をめぐる議論の分析
    • 第1章 他学部教員からみた幼稚部に関するディスコースの検討
    • 第2章 幼稚部部会における合意形成プロセス
    • 第3章 A聾学校における「聴覚手話法」構築過程
  • 第4部 学齢期における手話の使用をめぐる議論の分析
    • 第1章 聾学校における日本手話導入をめぐる議論の検討
    • 第2章 通常学校における情報保障としての手話通訳の可能性に関する検討
    • 第3章 聾重複児への対応をめぐる手話の使用に関する検討
  • 第5部 高等教育機関における手話通訳の導入をめぐる議論の分析
    • 第1章 大学における合意形成プロセスに見る「聴覚障害学生支援」の性質
    • 第2章 財源の確保と情報技術の活用の陥穽
    • 第3章 情報保障としての手話通訳の性格
    • 第4章 G大学における「手話通訳」導入の構築過程
  • 結論
    • 第1章 本研究で得られた知見から示唆されること
    • 第2章 本研究の方法論上の意義
    • 第3章 今後の課題
    • 補章 構築主義アプローチによる聾教育の実践研究の可能性