サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】honto withダウンロードキャンペーン(~8/31)

目次

  • 1章 建築構造と力学
    • 1.1 概要
    • 1.2 構造設計と構造力学の関係
    • 1.3 荷重と単位
  • 2章 力とは
    • 2.1 概要
    • 2.2 力とは
    • 2.3 力の合成と分解
    • 2.4 力の釣り合い
  • 3章 構造物のモデル化
    • 3.1 概要
    • 3.2 構造物の構成
    • 3.3 支点
    • 3.4 節点
  • 4章 反力と応力
    • 4.1 概要
    • 4.2 反力
    • 4.3 応力
  • 5章 静定梁
    • 5.1 概要
    • 5.2 片持ち梁の応力
    • 5.3 単純梁の応力
    • 5.4 ゲルバー梁の応力
  • 6章 静定ラーメン
    • 6.1 概要
    • 6.2 片持ち梁型ラーメンの応力
    • 6.3 単純梁型ラーメンの応力
    • 6.4 3ヒンジラーメンの応力
  • 7章 静定トラス,アーチと合成ラーメン
    • 7.1 概要
    • 7.2 静定トラスの解法
    • 7.3 静定アーチの解法
    • 7.4 合成ラーメンの解法
  • 8章 応力度とひずみ度
    • 8.1 概要
    • 8.2 応力度の種類
    • 8.3 応力度の関係
    • 8.4 主応力度とモールの応力円
    • 8.5 ひずみ度の種類
    • 8.6 弾性係数
    • 8.7 複合構造の応力度とひずみ度
  • 9章 部材断面の性質
    • 9.1 概要
    • 9.2 断面1次モーメントと図心の関係
    • 9.3 断面2次モーメント
    • 9.4 断面係数
    • 9.5 断面極2次モーメントと断面相乗モーメント
    • 9.6 断面の主軸
    • 9.7 断面2次半径
  • 10章 部材断面の応力度
    • 10.1 概要
    • 10.2 軸方向応力度
    • 10.3 曲げ応力度
    • 10.4 せん断応力度
    • 10.5 軸方向力と曲げモーメントを受ける部材の複合応力度
    • 10.6 断面の核
    • 10.7 座屈
  • 11章 静定梁の変形
    • 11.1 概要
    • 11.2 弾性曲線による解法
    • 11.3 モールの定理による解法
  • 12章 構造物の安定・不安定と静定・不静定
    • 12.1 概要
    • 12.2 安定・不安定と静定・不静定
  • 13章 仕事とひずみエネルギー
    • 13.1 概要
    • 13.2 外力仕事と内力仕事
    • 13.3 ひずみエネルギー
    • 13.4 仮想仕事の原理
    • 13.5 カスチリアノの定理
  • 14章 静定構造物の変形
    • 14.1 概要
    • 14.2 仮想仕事の原理を用いた静定トラスの変形
    • 14.3 仮想仕事の原理を用いた静定ラーメンの変形
  • 15章 仮想仕事の原理を用いた不静定構造物の解法
    • 15.1 概要
    • 15.2 仮想仕事の原理を用いた不静定梁の解法
    • 15.3 最小仕事の原理を用いた不静定トラスの解法
  • 16章 たわみ角法を用いた不静定構造物の解法
    • 16.1 概要
    • 16.2 材端モーメント,節点角,部材角
    • 16.3 たわみ角法の基本式
    • 16.4 節点方程式
    • 16.5 等価剛比,分割率,到達率
    • 16.6 層方程式
  • 17章 固定モーメント法を用いた不静定構造物の解法
    • 17.1 概要
    • 17.2 固定モーメント法の原理
    • 17.3 固定モーメント法を用いた不静定構造物の解法
  • 18章 構造物の塑性解析と崩壊メカニズム
    • 18.1 概要
    • 18.2 崩壊形の種類と仮想仕事法を用いた構造物の崩壊荷重の計算法
    • 18.3 仮想仕事法を用いた構造物の塑性解析
    • 18.4 保有耐力設計法と崩壊メカニズム