サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

量子力学 1

量子力学 1 (パリティ物理教科書シリーズ)

  • 江藤 幹雄(著)/ 家 泰弘(編)/ 小野 嘉之(編)/ 土岐 博(編)/ 西森 秀稔(編)/ 細谷 暁夫(編)
  • 1 はじめに
    • 1.1 量子力学の原理
    • 1.2 波動関数の振幅と位相
    • 1.3 フーリエ変換とデルタ関数
  • 2 箱の中の粒子
    • 2.1 1次元の井戸型ポテンシャル(1)
    • 2.2 波動関数の時間発展
    • 2.3 1次元の井戸型ポテンシャル(2)
    • 2.4 1次元の井戸型ポテンシャル(3)
    • 2.5 1次元系の束縛状態の性質
    • 2.6 3次元の箱の中の粒子
  • 3 伝播する粒子
    • 3.1 1次元の自由粒子
    • 3.2 3次元の自由粒子
    • 3.3 粒子の反射と透過
    • 3.4 トンネル効果
    • 3.5 平面波の規格化
    • 3.6 1次元問題のまとめ
    • 3.7 1次元散乱問題のS行列
  • 4 調和振動子
    • 4.1 シュレーディンガー方程式の級数解
    • 4.2 エルミート多項式
    • 4.3 演算子法
    • 4.4 不確定性関係を用いた考察
    • 4.5 ビリアル定理
  • 5 中心力場
    • 5.1 角運動量
    • 5.2 2次元中心力場
    • 5.3 3次元中心力場
    • 5.4 本章のまとめ
  • 6 水素原子
    • 6.1 二体問題の扱い方
    • 6.2 水素原子のエネルギー準位
    • 6.3 ラゲール陪多項式
    • 6.4 不確定性関係を用いた考察
    • 6.5 周期表
    • 6.6 水素分子
    • 6.7 2次元,3次元の井戸型ポテンシャル
  • 7 磁場中の荷電粒子,対称性と保存則
    • 7.1 古典電磁気学
    • 7.2 シュレーディンガー方程式
    • 7.3 アハラノフ−ボーム効果
    • 7.4 保存量
    • 7.5 時間発展演算子
    • 7.6 対称性と保存法則
  • 8 角運動量の一般化とスピン
    • 8.1 角運動量の代数
    • 8.2 演算子の行列表示
    • 8.3 ディラックの表記(1)
    • 8.4 スピン
    • 8.5 スピノル空間とパウリ行列
    • 8.6 スピンの回転操作
  • 9 角運動量の合成
    • 9.1 角運動量の合成則
    • 9.2 二つのスピンs=1/2の合成
    • 9.3 スピン軌道相互作用
    • 9.4 軌道角運動量とスピンの合成
  • 10 ケットベクトルとブラベクトル
    • 10.1 8.3節の補足説明
    • 10.2 ディラックの表記(2)
    • 10.3 ディラックの表記(3)
    • 10.4 ハイゼンベルク表示
  • 11 摂動論Ⅰ
    • 11.1 時間に依存しない摂動論(1)
    • 11.2 水素原子の分極率(2次のシュタルク効果)
    • 11.3 時間に依存しない摂動論(2)
    • 11.4 2準位系
    • 11.5 変分法
  • 12 摂動論Ⅱ
    • 12.1 時間に依存する摂動論
    • 12.2 時間によらないVでの遷移確率
    • 12.3 調和摂動での遷移確率
    • 12.4 電磁場中の原子
    • 12.5 光学遷移の選択則
    • 12.6 ラビ振動
    • 12.7 時間に依存する摂動論の補足
  • 13 散乱理論
    • 13.1 散乱断面積
    • 13.2 古典力学での散乱問題
    • 13.3 量子力学での散乱問題
    • 13.4 ボルン近似
    • 13.5 部分波展開の方法
    • 13.6 部分波展開の方法の応用
    • 13.7 リップマン−シュウィンガー方程式
    • 13.8 光学定理
  • 付録A ガウス積分,Γ関数,デルタ関数
    • A.1 ガウス積分
    • A.2 Γ関数
    • A.3 デルタ関数
  • 付録B 微分方程式の級数解法
    • B.1 ベッセル関数
    • B.2 ルジャンドル方程式
  • 付録C 特殊関数
    • C.1 エルミート多項式
    • C.2 ルジャンドル多項式と陪関数
    • C.3 ラゲール陪多項式
  • 付録D 曲線直交座標でのラプラシアン