サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

目次

  • 序章 日本における韻書受容史
    • 一 日本における韻書の受容
    • 二 『古今韻会挙要』について
    • 三 韻書受容史に関する先行研究
    • 四 本書の目的と内容
  • 第一章 中世の法華経字音学における韻書受容の実態
    • 一 心空について
    • 二 『心空音義』について
    • 三 心空の韻学と前時代の学問との関係
    • 四 心空の韻学と『広韻』『玉篇』
    • 五 結語
  • 第二章 法華経字音学における『古今韻会挙要』の受容について
    • 一 『古今韻会挙要』について
    • 二 『法華経随音句』における韻書
    • 三 『古今韻会挙要』と『法華経随音句』
    • 四 快倫と日遠の違い
    • 五 結語
  • 第三章 法華経字音学における伝統音と韻書の実際
    • 一 日遠『法華経随音句』
    • 二 『法華経随音句』に見られる字音改変の実態
    • 三 快倫の字音改変について
    • 四 なぜ日遠は伝統音を改変したか
    • 五 結語
  • 第四章 法華経字音学における『韻鏡』の扱いについて
    • 一 日本における『韻鏡』受容概観
    • 二 快倫『法華経文字声韻音訓篇集』の韻学と『韻鏡』
    • 三 日遠『法華経随音句』における『韻鏡』
    • 四 結語
  • 第五章 日遠の声調と清濁卓立表示について
    • 一 韻書と法華経読誦音との声調の違いについて
    • 二 日遠『法華経随音句』について
    • 三 『随音句』における声調の実際
    • 四 日遠の清濁卓立
    • 五 結語
  • 第六章 日遠『法華経随音句』における「呉音」「漢音」
    • 一 「呉音」「漢音」の歴史と日遠『法華経随音句』
    • 二 日遠の「呉音」「漢音」注釈
    • 三 日遠の「呉音」「漢音」意識とその体系
    • 四 近世初期の「呉音」「漢音」の実態−文雄『磨光韻鏡』と比較して−
    • 五 結語
  • 第七章 「転図字書」の発生と盛典
    • 一 盛典の『韻鏡』研究と『韻鏡字子列位』
    • 二 『字子列位』の構成と『古今韻会挙要』
    • 三 『韻鏡易解』『易解大全』と『字子列位』の違い
    • 四 大田嘉方から盛典・文雄へ−「転図字書」の系譜−
    • 五 結語
  • 第八章 『磨光韻鏡』と『磨光韻鏡字庫』
    • 一 『磨光韻鏡』『磨光韻鏡字庫』について
    • 二 『磨光韻鏡』『字庫』と反切
    • 三 『磨光韻鏡』『字庫』の構成と編纂目的
    • 四 『字庫』の源流−盛典『韻鏡字子列位』−
    • 五 結語
  • 第九章 近世に流布した『広韻』について
    • 一 『広韻』について
    • 二 諸研究に見られる『広韻』について
    • 三 書籍目録に見られる『広韻』について
    • 四 結語
  • 第十章 なぜ『古今韻会挙要』は近世後期になって使われなくなったか
    • 一 『古今韻会挙要』と江戸時代初期の漢字音研究
    • 二 『古今韻会挙要』と『広韻』について
    • 三 文雄の『韻鏡』研究と韻書
    • 四 宣長の漢字音研究の目的
    • 五 結語

中国語 ランキング

中国語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む