サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1講 民事訴訟の目的
    • 一 はじめに
    • 二 兼子説以前
    • 三 兼子説における構造
    • 四 三ケ月説における論法
    • 五 新堂説における考察
    • 六 井上(治)説における提言
    • 七 目的論の諸相
  • 第2講 訴訟物
    • 一 訴訟物論争
    • 二 訴訟物論争の影響
    • 三 占有権・本権と訴訟物
    • 四 手形債権・原因債権と訴訟物
    • 五 訴訟物論の動き
  • 第3講 訴え
    • 一 訴えの概念
    • 二 訴えの分類
    • 三 形式的形成訴訟
  • 第4講 一部請求
    • 一 一部請求の可否
    • 二 注意すべき事項
    • 三 一部請求と時効中断・過失相殺
  • 第5講 重複訴訟の禁止
    • 一 重複訴訟禁止の原則
    • 二 手形訴訟の例外
    • 三 相殺の抗弁の規律
  • 第6講 当事者の確定
    • 一 確定基準の諸説
    • 二 基本的立場の相違
    • 三 具体例
    • 四 表示の訂正と任意的当事者変更
  • 第7講 当事者能力・訴訟能力
    • 一 当事者能力
    • 二 訴訟能力
    • 三 弁論能力
  • 第8講 訴訟上の代理
    • 一 訴訟上の代理
    • 二 法定代理人
    • 三 任意代理人
    • 四 法人の代表者
  • 第9講 当事者適格
    • 一 意義
    • 二 一般の給付・確認・形成訴訟における当事者適格
    • 三 法定訴訟担当
    • 四 任意的訴訟担当
    • 五 対世効ある場合と当事者適格
  • 第10講 審判権の限界
    • 一 法律上の争訟(裁判所法三条)
    • 二 種徳寺事件
    • 三 本門寺事件
    • 四 板まんだら事件
    • 五 蓮華寺事件
  • 第11講 訴えの利益
    • 一 定義・概念
    • 二 各種の訴えに共通の訴えの利益
    • 三 給付の訴えの利益
    • 四 確認の利益
    • 五 形成の訴えの利益
  • 第12講 弁論主義
    • 一 弁論主義の内容
    • 二 根拠および機能
    • 三 主要事実と間接事実
    • 四 若干の判例
    • 五 釈明権・釈明義務
    • 六 法的観点指摘義務(法律問題指摘義務)
    • 七 真実義務・完全陳述義務
  • 第13講 自白
    • 一 自白の意義・要件
    • 二 間接事実の自白
    • 三 公知の事実に反する自白
    • 四 自白の撤回または取消し
    • 五 理由付否認と制限付自白
    • 六 権利自白
  • 第14講 証明責任
    • 一 証明責任の意義
    • 二 証明責任における注意点
    • 三 証明責任の周辺の概念
    • 四 証明責任の分配
    • 五 間接反証
    • 六 証明責任による判決を回避する策(その一)
    • 七 証明責任による判決を回避する策(その二)
  • 第15講 既判力
    • 一 既判力の本質および根拠
    • 二 既判力の作用・性格
    • 三 既判力の時的限界
    • 四 既判力の物的範囲(客観的範囲)
    • 五 争点効
    • 六 既判力と争点効の守備範囲
    • 七 既判力と訴訟物
    • 八 既判力の人的範囲(主観的範囲)
    • 九 既判力と再審
    • 一〇 訴訟判決の既判力
    • 一一 既判力補論
  • 第16講 反射効
    • 一 反射効の概念
    • 二 反射効が不利に及ぶ場合
    • 三 反射効が有利に及ぶ場合
    • 四 反射効の理論
    • 五 反射効の判例
  • 第17講 訴訟上の和解
    • 一 意義
    • 二 訴訟上の和解の法的性質論
    • 三 要件・手続
    • 四 効力
    • 五 解除
  • 付録 既判力の作用