サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 はじまりの拉致
  • 第一章 理論視角
    • 第一節 初期グローバリゼーションと帝国期日本のナショナリズム
    • 第二節 ナショナリズム研究における「移動性」という視角
    • 第三節 比較の帝国
  • 第二章 「人類」から「東洋」へ
    • はじめに−旅する人類学者
    • 第一節 身近なものを収集する−日本人類学における「比較」の縮小
    • 第二節 「人類の理学」という構想−坪井正五郎による比較の手法と「人種」言説
    • 第三節 「東洋」の領土化−鳥居龍蔵の「東洋人種学」構想
    • 第四節 「人類」学から「東洋人種」学へ
  • 第三章 フィールドワークにおける「リスク」と「真正性」
    • はじめに
    • 第一節 リスクと真正性
    • 第二節 一九世紀後半の海外フィールドワークの社会的基盤
    • 第三節 孤独な観察者−学術探検と民族誌の創造
    • 第四節 フィールドにおける「民族接触」と「異種混交性」−西南中国調査を中心に
    • 第五節 「探検」という遺産
  • 第四章 フィールドとしての博覧会
    • 第一節 移動する村
    • 第二節 明治・大正期日本の原住民展示−人類館を中心に
    • 第三節 原住民展示の「学術性」−視覚・比較・一望監視装置
    • 第四節 「見世物」化する展示、問い直される「真正性」
    • 第五節 原住民展示の「真正性」−〈博覧会〉と〈フィールド〉の裂け目へ
    • 小括
  • 第五章 「台湾」表象をめぐる帝国の緊張
    • 第一節 誤解の構造−植民地パビリオンの「文明/未開」図式を再考する
    • 第二節 児玉・後藤統治時代の植民地経営の課題
    • 第三節 視覚教育としての博覧会−台湾館事業と内地観光事業の狙い
    • 第四節 台湾館の成立過程
    • 第五節 「帝国の緊張」の忘却
  • 第六章 「比較」という統治技術
    • はじめに
    • 第一節 観光と先住民統治
    • 第二節 明治・大正期の内地観光事業
    • 第三節 内地観光の衝撃
  • 第七章 「比較」を管理する
    • 第一節 観光と比較
    • 第二節 観光地の選別−都市観光から農村観光へ
    • 第三節 観光者の選別−老蕃から青年団へ
    • 第四節 恥辱の埋め込み
    • 第五節 「日本化」と「未開化」のダブルバインド−台湾博覧会の展示に注目して
  • 第八章 フィールドワークとしての観光、メディアとしての民族
    • はじめに
    • 第一節 帝国と移動する人々−移民・観光・フィールドワーク
    • 第二節 フィールドワークとしての観光
    • 第三節 メディアとしての民族−外国人招請事業を手がかりに
    • 第四節 民族接触と帝国秩序
    • 小括
  • 第九章 「日本化」と「観光化」の狭間で
    • はじめに
    • 第一節 ポスト・コロニアル時代の『民俗台湾』論争
    • 第二節 戦時下台湾の自然・文化保存政策と『民俗台湾』
    • 第三節 台湾民藝の骨董品化−「民藝解説」を中心に
    • 第四節 『民俗台湾』と日本民藝協会の連帯
    • 第五節 台湾民藝の「芸術性」と「歴史性」の相克
    • 第六節 三つの「地方文化」構想
    • 第七節 日本帝国史の脱中心化に向けて
  • 結語 比較と植民地的想像力