サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 ワールドカップをめざして
    • 今度こそチャンスだ
    • 日本の力はどれくらいなのか
    • 守備陣が期待されている
    • 日本代表として大活躍
  • 第1章 運動が大好きな少年
    • 野球よりサッカー
    • 負けると悔し泣き
    • うまくいかなかったことを人のせいにしない
    • ごく普通の小学生
    • Jリーグの選手になりたい
    • 函南中学校に入る
    • 厳しい監督
    • まじめで一途なプレーヤー
    • ベッカムにあこがれた
  • 第2章 県を代表する選手に
    • サッカーの名門校へ行こう
    • ルールを破るのは大嫌い
    • 強豪校の監督の目にとまる
    • フォワードからサイドハーフへ
    • 成長への大きな一歩
    • 静岡県予選で活躍する
    • ビッグチャンスがやってきた
    • たて続けに国際大会へ出場
    • 初めてぶつかったサッカーの壁
    • 「サイドハーフ」から「サイドバック」へ
    • 試された守備力
    • 新ポジションに定着するための猛練習
    • 努力してもそれを自慢しない
    • ハードな練習もイヤとは言わなかった
    • 往復3時間の通学
    • 学校行事が大好きだった
    • 楽しかった高校サッカー部
    • 3足のわらじ
    • 出席日数が足りない
    • 運命を変えてくれたサッカー部監督
  • 第3章 鹿島アントラーズ時代
    • プロへの道
    • どのチームを選ぶか
    • 最初に決意を伝えたのは意外な相手
    • 鹿島でのスタート
    • プロ1年目は人知れず苦しんでいた
    • 「背番号2」をもらう
    • 重圧の日々
    • プロ2年目でJリーグ優勝
    • U−19 日本代表としてアジア2位に
    • 初のA代表入り
    • 北京オリンピック
    • 鹿島アントラーズの3連覇に貢献
    • つらい吐き気
  • 第4章 ドイツの名門チームへ
    • 2010年は運命の年
    • 南アフリカでのワールドカップ
    • ドイツへの移籍
    • このままではダメになる
    • ブンデスリーガの試合は魅力的だった
    • 開幕前からアクシデント
    • ドイツ語は苦手です
    • 波に乗った「シャルケ04」での1年目
    • 日本代表として初めての優勝
    • アジアカップの優勝で世界が見えてきた
    • UEFAチャンピオンズリーグ
  • 第5章 夢を追って
    • 東日本大震災の知らせ
    • 苦しみを味わったドイツ2年目
    • 岡田監督から届いたメッセージ
    • サポーターやメディアからの高い評価
    • 日本人選手たちの深い結びつき
    • そしてブラジルワールドカップへ