サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

目次

  • 緒論
  • 第一部 響きの帝国−漢代の楽制と祭儀
  • 第一章 古代中国の礼楽と巫覡−漢代礼容の儒学をてがかりに
    • はじめに
    • 一 漢代礼容の儒学−国家儀礼の執行者
    • 二 礼容の儒学の祖先をもとめて
    • 三 再び漢代へ−戦国秦漢期の巫祝
    • おわりに
  • 第二章 前漢「郊祀歌」十九章の祭祀空間と政治空間
    • はじめに
    • 一 前漢武帝期の郊祀と「郊祀歌」十九章の成立
    • 二 「郊祀歌」十九章の構造
    • 三 「郊祀歌」十九章の祭祀空間と政治空間
    • おわりに
  • 第三章 前漢時代の宗廟と楽制−「安世房中歌」十七章と承天のイデオロギー
    • はじめに
    • 一 前漢の宗廟祭祀と廟楽の成立
    • 二 「安世房中歌」十七章について
    • 三 承天の政治的イデオロギー
    • おわりに
  • 第四章 前漢末の楽制改革と民間音楽
    • はじめに
    • 一 「郊祀歌」・「安世房中歌」と漢代の民間音楽
    • 二 前漢末の楽制改革
    • 三 王莽期の楽制改革
    • おわりに−「大予楽」の成立
  • 第二部 天下大同の楽−隋の楽制改革とその帝国構造
  • 小序−隋文帝の怒り
  • 第一章 楽制改革の歴史的前提−流亡する伶人
    • はじめに
    • 一 後漢の「大予楽」と西晋の太常四楽官
    • 二 流亡と回帰−南朝の場合
    • 三 流亡と回帰−北朝の場合
  • 補論 北魏の雅楽改革−『魏書』楽志を中心に
    • はじめに
    • 一 高閭・公孫崇の雅楽改革
    • 二 太常卿劉芳の楽制改革
    • 三 梁人陳仲孺と安豊王元延明・信都芳による楽律改革提案
    • 四 大成楽の成立
  • 第二章 雅楽の制作と楽律の調整
    • はじめに
    • 一 雅楽の制作と調式
    • 二 楽律の調整と旋宮法
    • 三 宮懸の編成と歌辞の制作
  • 第三章 燕楽七部伎楽の編成−清商楽と四夷楽の編成
    • はじめに
    • 一 清商楽の導入とその経緯
    • 二 四夷楽の編成と隋初の七部伎
    • 三 真人代歌・簸邏迴歌と国伎西涼楽
    • おわりに
  • 第四章 北狄楽の編成−鼓吹楽の改革
    • はじめに
    • 一 漢六朝期の鼓吹楽
    • 二 隋の鼓吹楽改革
    • 三 隋唐期の鼓吹楽の構成と歴史的特質
    • おわりに
  • 第五章 散楽と正月十五日の民間習俗−隋の楽制の民衆的基盤と帝国構造
    • はじめに
    • 一 玄宗先天二年の上元燃燈
    • 二 散楽と踏歌
    • 三 正月十五日
    • 四 隋煬帝の散楽再編成と帝国構造の特質
    • おわりに
  • 小結−隋の楽制改革とその諸結果
  • 第三部 隋唐の楽制と日本雅楽の源流
  • 第一章 隋の楽制改革と倭国
  • 第二章 雅楽が来た道−遣唐使と音楽
    • 一 日本雅楽の構成
    • 二 日本雅楽の形成と平安朝初期の楽制改革
    • 三 平安朝初期の遣唐使と音楽の伝来
    • 四 唐代宮廷音楽の構成
    • 五 唐代燕楽の由来と特色−インド・西域(亀茲)音楽の受容と融合
  • 第三章 平等院鳳凰堂の音楽−西涼楽始末
    • はじめに
    • 一 燕楽七部伎と西涼楽
    • 二 秦声と西涼楽の成立
    • 三 平等院鳳凰堂諸菩薩・諸尊の音楽と「古楽図」
    • 四 日本雅楽の源流と西涼楽
    • おわりに