サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

心理学のための英語論文の基本表現

心理学のための英語論文の基本表現

  • 高橋 雅治(著)/ デイビッド・シュワーブ(著)/ バーバラ・シュワーブ(著)
  • 1.心理学英語論文の執筆法
    • 1.1 本章の目的
    • 1.2 心理学論文を構成する英語の特徴
    • 1.3 一般英語
    • 1.4 科学英語(心理学英語)
    • 1.5 専門用語
    • 1.6 剽窃について
    • 1.7 APAスタイルの概要
    • 1.8 本書の構成と使い方
    • 1.9 おわりに
  • 2.著者注Author Note
    • 2.1 研究実施時の所属
    • 2.2 所属の変更
    • 2.3 謝辞
    • 2.4 特記事項
    • 2.5 連絡先
  • 3.要約Abstract
    • 3.1 背景の説明
    • 3.2 目的
    • 3.3 方法
    • 3.4 結果
    • 3.5 考察
  • 4.序文Introduction
    • 4.1 研究背景
    • 4.2 先行研究の知見
    • 4.3 先行研究の意味
    • 4.4 理論・モデル・仮説
    • 4.5 主題の導入
    • 4.6 先行研究の問題点
    • 4.7 研究の必要性
    • 4.8 目的
    • 4.9 内容の予告と説明
  • 5.方法Method
    • 5.1 参加者
    • 5.2 装置
    • 5.3 材料・刺激・薬品
    • 5.4 教示
    • 5.5 場所
    • 5.6 データ
    • 5.7 心理検査
    • 5.8 研究デザイン
    • 5.9 具体的な手続き
    • 5.10 試行・ブロック・セッション
    • 5.11 予備的研究
    • 5.12 観察者による符号化
    • 5.13 操作チェック
    • 5.14 インタビュー
    • 5.15 ウェブ調査
    • 5.16 動物学習
    • 5.17 薬物・神経科学
    • 5.18 データの欠損
    • 5.19 統計
    • 5.20 メタ分析
    • 5.21 統計ソフトウェア
  • 6.結果Results
    • 6.1 参加者
    • 6.2 基本的な結果
    • 6.3 統計的解析
    • 6.4 表への言及
    • 6.5 図への言及
    • 6.6 図表から示された結果
  • 7.考察Discussion
    • 7.1 目的・仮説・内容の再確認
    • 7.2 知見の再確認
    • 7.3 先行研究への言及
    • 7.4 仮説や予測との一致と不一致
    • 7.5 先行研究との一致と不一致
    • 7.6 知見の意味
    • 7.7 知見の説明・原因・理由
    • 7.8 知見の重要性と貢献
    • 7.9 限界・長所と短所
    • 7.10 今後の展開の可能性
    • 7.11 要約と結論
  • 8.表Table
    • 8.1 表の題名
    • 8.2 一般注
    • 8.3 特定注と確率注
  • 9.図Figure
    • 9.1 図の題名
    • 9.2 パネルの説明
    • 9.3 縦軸と横軸,凡例,略語などの説明

英語 ランキング

英語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む