サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

目次

在日朝鮮人生活保護資料 復刻 1

在日朝鮮人生活保護資料 復刻 1 (在日朝鮮人資料叢書)

  • 金 耿昊(編)/ 在日朝鮮人運動史研究会(監修)
  • 一 在日朝鮮人生活実態
    • 在日朝鮮人の生活実態 在日朝鮮統一民主戦線中央常任委員会社会経済部編 一九五三年七月
    • 在日朝鮮人の生活実態−東京都江東区枝川町の朝鮮人集団居住地域における調査 在日朝鮮科学技術協会 一九五一年一一月
    • 父兄の実態調査研究資料 朝教組 東京都立第一朝鮮人小学校〈刊行年不明〉
    • 生活を守る会の婦人たち(ルポルタージュ) 李黎 一九五四年七月
  • 二 「生活を守る会」関係運動記録
    • 1 『あなたも生活保護がとれます』生活相談全国連絡事務局 一九五三年三月
    • 2 『生活通信』(生活相談全国連絡事務局)朝鮮人関係記事
    • 一九五四年
    • 在日朝鮮人の生活保護を引締め 「道義的準用にすぎぬ」と当局
    • 三つの“生保同盟”生まる−北海道室蘭市で
    • 市に三十万円の貸しがある 生活扶助をうけるのは当然 尼ケ崎製鋼主婦の会起つ
    • 生活ホゴよこせと朝鮮人 淡路支庁におしかける
    • おばさんの報告 私たちは、こうして、前借りを斗いとつた
    • 福祉事務所は全く惨酷“みんなで所長に交渉しよう” 「荒川生活を守る会」で結成大会
    • 診療所は力をあわせ守る斗いを援助したい(神奈川県戸塚診療所)
    • 実力で「出入国管理令」をホゴにする(大阪市生野生活保護者同盟)
    • 朝鮮人学校の閉鎖は日本の植民地教育のはじまり(東京杉並・成宗生活と健康を守る会)
    • 一九五五年
    • 朝鮮人も前借り−民族差別に抗議して斗う(鳥取生活を守る会発)
    • 越年要求で全神奈川に、「生活を守る会連絡会」の気運
    • 復光に立上る成宗守る会(東京)
    • 厚生省㊙通牒を出す 生活を守る会の分裂を企図
    • 主張 相手の要求もきき、一人一人を組織しよう−社会保障国民集会より
    • 荒川でも不当タイホ(東京)
    • 西新井病院長不当タイホ−対策委員会デマに抗議(東京)
    • 〈主張〉第二回全国連絡会議をむかえて
    • 会がしぼんだところ(東京・荒川、大阪・生野)
    • 中小企業労働者の苦しみ(京都壬生の朝鮮人健康調査)
    • 在日朝鮮人の「内政不干渉」の問題(鳥取・大阪)
    • 暮れをひかえて、ふきまくる打切り旋風−保護の赤字で厚生省の監査強化(解説)
    • 一九五六年
    • 生活相談・ケイサツの圧迫に対しどのようにすれば良いか(大阪)
    • 生活相談・朝鮮人の保護審査には警官を立会わせるとゆうが本当か
    • 在日朝鮮人の立場と生活保護法適用等の問題について
    • 武装警官隊で町を包囲 朝鮮人保護家庭を弾圧(東京・江東)
    • 朝鮮婦人も参加して 三月例会(品川守る会発)(東京)
    • けいけん 朝鮮人に対する大量打切を総連生野支部ではこう思う!(大阪)
    • 解説 生活保護はどのように引きしめられているか 上
    • 解説 生活保護はどのように引きしめられているか 下 宮城県の場合
    • 今度は日本人の番だ(東京渋谷松沢生活を守る会発)
    • 朝鮮人生保世帯への圧迫も継続(東京)
    • 保護適用に民族的差別をしないで下さい
    • 生活と健康を守る運動に警察権の介入をしないで下さい
    • 一九五七年
    • 朝鮮総連約一千名の陳情 さしせまつた生活、教育、帰国問題で
  • 三 在日朝鮮人生活保護闘争関係記事
    • 1 『【セ】【ジョ】【ソン】』(新朝鮮) 在日朝鮮祖国防衛委員会機関誌
    • 一九五一年
    • 神奈川全県下で強制追放反対斗争活発 日本労働者にも集中工作
    • 一九五二年
    • 生保打切りを撤回さす(大分・中津市)
    • 弾圧を実力で粉碎−愛知県半田の斗争
    • 同胞を先頭に共斗 漁民ら全員、生保法とる(福井・若狭)
    • 吉田の厳命けとばし生保二百万円とる 宇部(山口)
    • 生保法打切りを指令 国警が全国的に
    • 登録係会議もめる 兵庫(相生)
    • 民戦こそ我らの団体 生保獲得で民団を脱退(長崎・北松)
    • 各階層が斗いに参加 生活要求全部とる=滋賀
    • ついに保ご法を約束 反撃された福祉事務所 スミダ(東京)
    • 登録斗争の成果を拡大 今后の生保摘用も約束さす スミダ(東京)
    • 一九五三年
    • 日朝生活を守る会結成 トチギ 罰金斗争から
    • 生活ヨーゴ斗争委を結成 斗いは日朝親善強化へ−その后の上野マーケット(東京)
    • 二七ケ所の生活相談所 神奈川
    • 憎いのは朝鮮人でなく課長と吉田の奴だ=黒沢尻の生保共斗(岩手)
    • 潰れかかったオヤジ励し事業資金斗いとる 杉並(東京)
    • 鶴見の一活動家より(神奈川)
    • “あんまりぢやないか!”重病の同胞を入院拒絶 『新朝鮮』読者バクロにたつ(長野・小県郡)
    • 生保法うける同胞を調査 神奈川市警
    • 深刻な生活難話しあい 皆で『生活守る会』つくる−東京東部
    • 「お茶代だ」と二百円 にくむべき特審井上(東京・日野)
    • 再軍備予算で生保金をふやせ 米はどうしてくれるんだ!!(神奈川・鶴見)
    • 生活斗争のなかで祖防隊続々生る(広島・海田市)
    • “明日の米がないのに払えるか!”村民税令書を集団返上(長野・下伊那郡)
    • 同胞の生活苦解決を決心 カンパ活動の中から多くを学ぶ(兵庫・阪神地区)
    • 五〇戸がいつのまにか百十戸に 同胞分布を完全に掌握(京都)
    • 社会保障の斗いえ 日朝町民で生活相談所(東京・江東)
    • 狂いたつフアツシヨ弾圧 生保要求に打つ蹴るの暴行(京都・舞鶴)
    • 五時間ねばりぬきついに米代を獲得 一人の斗いから拡がる社会保障要求(長野)
    • 根強く拡がる社会保障斗争 生保十一万円、学校修理も(山陽・上郡)
    • 部落の人たちこそすばらしい戦術家 生保斗争の中で活動家自己批判(福岡)
    • “大衆と苦しみを共にしていなかつた”−鶴見B同志の自己批判(神奈川)
    • 急増するドン底生活者(神奈川・鶴見、東京・品川)
    • 李ラインの陰謀はここにも 病と生活苦の同胞見殺す福祉事務所(大阪・北河内)
    • 三カ月間工作の結晶 生保獲得は再軍備阻止の斗い(栃木)
    • このように大衆を説得し行動を組織した(南大阪・加美)
    • 保安隊一人に一二〇万円使って生保金には雀の涙(長野)
    • 同胞婦人の励しに奮起=血をうつて生きる日本婦人(京都)
    • 斗わずにはおられぬ 深刻な生活苦と失業(岡山・京都)
    • “生保だけではたりないから、職もよこして貰おう”仲間けんか止めて力を敵え(名古屋)
    • 二ケ月の悪戦苦斗で生保二十戸を新獲得(千葉)
    • 一九五四年
    • “幹部だけの交渉ではラチがあかん じかに俺たちの苦しい要求を”〈抜粋〉(兵庫・東京)
    • “天下り民生委員は真平だ”主動権を大衆が握り 署名で敵に反撃 東部生擁同(東京)
    • 「生きるための職を」の要求で各所で生活守る組織 その後の千葉の斗い
    • どう斗えばいいのかおしえてくれ 民団のおばさんも日本のおばさんも(東京・江東)
    • ここから組まれた統一行動 始めは水道なおせで 斗いは隣村まで拡がつた(滋賀・大津)
    • 団結して斗つたから米一升でもとれたのだ(京都・三丹)
    • 京都祖防 市長・知事選挙を前に 越年斗争の経験を大衆的に総結(西陣)
    • 力を発揮している部落委 とぎれない方針をうちだす大衆討論(兵庫)
    • 一割五分の高利借金 その上生保は切下げときた 町会、町民大会開き都へせまる(東京)
    • 支柱になつた自労の斗い 発展の方向は生擁同の組織に(東京)
    • “ほしい、だが村八分が…”カケウリ要求だししぶる日本婦人 同胞先頭にぶっつかるともろい 滋賀県藤尾日・朝の斗い
    • 労働者、貧困層を中心とした大阪における越年斗争の経験(上)
    • 兵庫播州地区通信指導の経験から 手紙運動と通信員の意識的な配置を
    • 尾上の懇談会でも討議 日・朝の親善妨げる真の敵は?(兵庫)
    • M・S・A収奪にたいして「最低生活の保障」で迫る
    • 生業資金よこせへ “ヘツピリ腰じゃあかん”と大衆(大阪・泉大津)
    • 知らん顔した人も真剣な生活相談で結集 空白地に「生活守る会」(北海道・室蘭)
    • 村長が先頭 台風被害部落の社会保障斗争 滋賀(安土)
    • “予算くみかえの斗い”服部県政への統一行動へ 滋賀の生保の斗い更に前進(八日市)
    • 生保弾圧に町村長まきこみ 生保獲得・職よこせで応う(千葉・東部)
    • お互にはげましあつて〈抜粋〉京都自労のオバサン達から(千本木)
    • 吏員も大衆の言葉をそのまゝ陳情 実状をつきつけ予算とる斗いを(滋賀・大津)
    • お互いにはげましあつて 各地がかわしあう悲痛な声(東京・江東、兵庫・尾上)
    • 首をしめられてヂットするアホがどこにいる 生活保ゴ打ちきりへ日朝町民反撃(滋賀)
    • 生命にかゝわる雨降り 職安労働者の要求 どうしても定職がほしい(兵庫・加印)
    • 昨日も今日も借金つゞき…(兵庫・加印)
    • ホルモン焼と生活保護(青森・三戸郡)
    • 石けんも使えない生活保護(兵庫・加印)
    • 資料 社会保障問題について
    • 行動は繰返すがいつも一部だけ 千三百戸の(三重・松坂)生活守る会
    • 大衆の統一と団結のために 委の活動をたかめるために 神奈川県委の報告から〈抜粋〉
    • なんどもゆき詰つては大衆にかえる 緻密な工作、機関紙が常に親しい友 川崎市立退斗争から〈抜粋〉
    • 斗う前民戦議長がこんとあかん やつてみて話上手な幹部だけでもダメ 斗いの中で変つていく大衆の考え(大阪・北河内)
    • 日増しに拡がる団結と統一行動 大阪巽町の生保要求の斗い
    • 露骨な既得権はく奪 厚生省“秘密調査”初む(大阪・守口)
    • 民生安定所の日本人職員と共同斗争(京都)
    • 数カ町の生活守る会 連合して対決 思うがまゝの暴力ボスへ(神奈川・鶴見)
    • 生保打切りに怒つた大衆 自分たちで行動をおこす 四日市市(三重)
    • 生保の打切り 減額を抗議 名古屋でも取消さす
    • これこそ無条件な大衆服務 ねばりぬいた五カ月間(神奈川・川崎)
    • あるのは借金だけだ 収入記入用紙には借金額(東京・文京)
    • 生保を切られたら日ぼしになってしまう(神奈川・川崎)
    • 悪い民生委員をやめさす 鶴見浜町の生活を守る会(神奈川)
    • “話しあい”は力と勇気を生みだす 岐阜 日朝のある座談会から
    • 主人は出稼、仕送りもない(宮城・仙台)
    • ペコペコ頼んでもアカン 正当な権利主張せよ(兵庫・加印)
    • いまでは百世帯を越える 鶴見小野町生活守る会(神奈川)
    • 生保獲得の力で平和署名へ 大阪・西九条
    • 町々の婦人と手をつなぐ 生活苦の中から「平和婦人会」 神戸板宿
    • “同じ死ぬなら知事室で” 東京・西新井病院斗争ルポ
    • 2 『平和と独立のために』日本共産党中央
    • 米・掛うりカク得 朝鮮人・日本人と共斗(大阪西成区)
    • 町村長先頭に米よこせデモ 若狭で日朝共斗の勝利 以下続く
  • 四 在日朝鮮人関係生活保護行政通達集
    • 1 生活保護法の集団的適用の規整に関する件 厚生省社会局 一九四九年一二月二二日
    • 2 生活に困窮する外国人に対する福祉措置の方針について 同右 一九五〇年一一月六日
    • 3 朝鮮人学童に対し生活保護法による教育扶助の適用に関する件 同右 一九五一年三月八日
    • 4 生活保護法の集団的適用の規整について 厚生省社会局 一九五二年七月四日
    • 5 生活保護運用上の疑義について 京都府知事 一九五二年一〇月一一日
    • 6 生活に困窮する外国人に対する生活保護について 厚生省社会局 一九五二年一一月二九日
    • 7 生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置について 同右 一九五四年五月八日
    • 8 生活に困窮する外国人に対する保護について 同右 一九五四年七月二十八日
    • 9 生活に困窮する外国人に対する保護について 同右 一九五四年一〇月二三日
    • 10 生活に困窮する外国人に対する保護と外国人登録法との関係について 厚生省社会局 一九五四年一〇月二六日
    • 11 在日韓国人及び朝鮮人に対する生活保護法の適用状況に関する資料提出について 厚生省社会局 一九五四年一一月二二日
    • 12 生活に困窮する外国人に対する生活保護の適用状況について 厚生省社会局 一九五五年二月一一日
    • 13 外国人保護に関する一斉実態調査の実施について 同右 一九五六年一月三〇日
    • 14 外国人に対する生活保護の適正実施に関する疑義について 同右 一九五六年二月四日
    • 15 外国人に対する生活保護の適正実施について 同右 一九五六年三月二九日
    • 16 外国人による暴行傷害事件について 厚生省社会局 一九五六年八月三一日
    • 17 外国人に対する保護の適正実施について 同右 一九五六年一一月二一日
    • 18 外国人に対する保護の適正実施について 同右 一九五七年一〇月一日
    • 19 日韓間の覚書に基き仮放免される朝鮮人に対する保護の実施について 同右 一九五八年一月二八日
    • 20 生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置について 同右 一九五八年七月二日
    • 21 〈厚生省社会局保護課長からの書簡(在日朝鮮人帰還要綱について)〉 同右 一九五九年八月一八日
    • 22 北朝鮮帰国の被保護者数について 厚生省社会局 一九五九年一二月一七日
    • 23 北朝鮮帰国の被保護者数について(通知) 同右 一九五九年一二月一七日
    • 24 北朝鮮帰国の被保護者数について(通知)(愛知県) 一九六〇年一月一六日
    • 25 北朝鮮帰国者の被保護者数について 神奈川県民生部長 一九六二年七月三〇日
    • 26 北朝鮮帰国者の被保護者数について 同右 一九六二年一〇月三一日
    • 27 北朝鮮帰国者の被保護者数について 同右 一九六三年二月一日
    • 28 北朝鮮帰国者の被保護者数について 同右 一九六三年五月七日
    • 29 北朝鮮帰国者の被保護者数について 同右 一九六三年七月三〇日
    • 30 北朝鮮帰国者の被保護者数について 同右 一九六三年一一月一九日
    • 31 北朝鮮帰国者の被保護者数について 同右 一九六四年一月二九日
    • 32 北朝鮮帰国者の被保護者数について 同右 一九六四年四月三〇日