サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

漢語仏典における偈の研究

漢語仏典における偈の研究

  • 齊藤 隆信(著)
  • 第一部 総論篇
  • 第一章 研究序説
    • 第一節 本研究の梗概
    • 一、構想・目的
    • 二、意義
    • 三、方法論
    • 第二節 中華の韻文と漢語音韻学
    • 一、中華の韻文
    • 二、漢語音韻学
    • 第三節 来華僧の漢語能力
    • 一、求那跋陀羅の漢訳
    • 二、漢訳事業の組織化
    • 三、来華僧の漢語習得過程
  • 第二章 漢語仏典における偈の形態論
    • はじめに
    • 一、偈の研究史
    • 二、正格句式
    • 三、破格句式
    • おわりに
  • 第三章 有韻の偈と中国詩
    • はじめに
    • 一、偈と詩
    • 二、先行研究の問題点
    • おわりに
  • 第二部 各論篇
  • 第一章 gāthāの訳語とその変遷
    • はじめに
    • 一、『七処三観経』と『雑阿含経』の偈
    • 二、絶から偈へ
    • 三、絶辞と頌偈
    • 四、二音節詞「伽陀」の出現と「偈」の訛略説
    • 五、闍那崛多の訳経における伽陀と三摩地
    • 六、『道地経』と『五陰譬喩経』の偈
    • おわりに
  • 第二章 漢魏両晋南北朝期の有韻偈頌
    • はじめに
    • 一、漢訳仏典における無韻の偈
    • 二、漢魏晋南北朝に漢訳された有韻偈頌
    • おわりに
  • 第三章 支謙の訳経における偈の詩律
    • はじめに
    • 一、呉の居士支謙
    • 二、支謙の訳風
    • 三、支謙訳経典における有韻偈頌
    • おわりに
  • 第四章 支謙の訳偈
    • はじめに
    • 一、呉維祇難訳『法句経』の偈
    • 二、東晋失訳『般泥【オン】経』の偈
    • 三、西晋竺法護訳『鹿母経』の偈
    • 四、西晋竺法護訳『龍施菩薩本起経』の偈
    • 五、西秦聖堅訳『演道俗業経』の偈
    • 六、支謙の偈頌と梵唄
    • おわりに
  • 第五章 竺法護訳『龍施菩薩本起経』の有韻偈頌と漢訳者
    • はじめに
    • 一、経の内容と排版の相違
    • 二、テキストの校讎と偈の通押
    • 三、長行中に隠された偈
    • 四、竺法護訳出説への疑義
    • 五、支謙訳出説への可能性
    • 六、漢訳者と排版の錯綜
    • おわりに
  • 第六章 西晋失訳『玉耶女経』の長行に説かれる韻文と女性徳育
    • はじめに
    • 一、『玉耶女経』の諸本と内容
    • 二、経録・訳語訳文と漢訳者
    • 三、長行中の韻文
    • 四、韻文訳の意図と効果
    • おわりに
  • 第七章 鳩摩羅什の詩と『大智度論』における偈の韻律
    • はじめに
    • 一、鳩摩羅什による偈の漢訳法規
    • 二、鳩摩羅什の十喩詩
    • 三、『大智度論』とその有韻偈頌
    • 四、漢訳か撰述か?
    • おわりに
  • 第八章 白延訳『須頼経』の偈と覓歴の高声梵唄
    • はじめに
    • 一、『須頼経』とその訳者
    • 二、偈頌と梵唄
    • 三、白延訳『須頼経』の有韻偈頌
    • 四、楽神般遮と梵唄
    • おわりに
  • 第九章 中国撰述経典における偈とその韻律
    • はじめに
    • 一、撰述経典の有韻偈頌
    • 二、撰述経典の偈とその韻律
    • おわりに
  • 第十章 敦煌本『七女観経』とその偈
    • はじめに
    • 一、異本の存在
    • 二、偈の比較
    • 三、『七女観経』は漢訳経典か?
    • おわりに
  • 第十一章 偈の律動によるテキスト校訂の可能性
    • はじめに
    • 一、漢訳経典の偈
    • 二、中国撰述経典の偈
    • 三、浄土教礼讃文の偈
    • 四、平仄にもとづく校訂の可能性
    • 五、校本校異が存在しない場合
    • 六、脱句について
    • おわりに
  • 第十二章 通押の許容とその要因
    • はじめに
    • 一、韻律方面から見た偈の五類型
    • 二、韻律配慮が行なわれた要因
    • 三、偈の通押と失韻
    • 四、陽声鼻子音尾(‐n,‐ng,‐m)の通押
    • おわりに
  • 終章 本研究の総括・課題と展望
  • 第三部 資料篇
    • 資料1《漢訳仏典有韻偈頌一覧表》
    • 資料2《漢訳経典偈頌総覧》